So-net無料ブログ作成

キャンプと田舎の日常 [Hobby]

春や秋のキャンプは楽しいものです。
特に男性の場合は冒険心なのかウキウキしてしまうでしょう。

しかし、田舎暮らしの母の弁によると
キャンプはいつもと同じ生活なので何が面白いのか分からないというものでした。

都会と田舎の両方を知っている私にとってはそれも理解できます。
また男女差もあるでしょう。

キャンプと田舎生活で違いは屋根があるかないかぐらいで
通常とは少し違った不便さを楽しむのがキャンプでしょう。
ど田舎での生活の場合はキャンプの方が、すべてが準備されていて便利な場合さえあります。

キャンプ好きの場合も毎日がキャンプのような田舎生活に馴染めるかどうかは疑問が残ります。
田舎と都会のどちらが好きかといえば私としてはどちらも好きで選べません。


nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ6 [Hobby]

この話の記事は止めることにした筈なのですが、改良が進んだのでまとめて掲載しておきます。

こういったスウェーデントーチのような丸太トーチはどうしても炎がすぐに消えてしまうので
何度も中心部分を吹かなければならずキャンプなどでの料理には向きません。
そこでこういうカットの仕方を考えました。

ST_fire10.png

実際にはこういうカットはチェーンソーでは無理なので一旦、1/8をカットして切り離し
それを横に半分にして再度、その位置に配置するという方法が現実的です。

ST_fire10C.png

最初から底部から10cmぐらいを丸ごと横にカットしてそれを台にする方法もあります。
別の背の低い丸太の上に置いてもいいでしょう。地面に直接ではないのがミソです。
この方法だと短くカットしてしまった丸太を再利用することが可能になります。

ST_fire10C2.png

こういうものであれば、空いた部分に別の焚きつけで燃やすことが可能です。
このような形状は七輪に似ています。
実際に燃やしてみると問題なく燃えてくれます。
空いた部分があるので燃え方が変わるかと思っていましたがそれほどでもなくほぼ同心円状に
燃えていきます。
横から風が入るので若干、底深くまで燃えてくれるように感じます。
燃焼時間は30-40分と若干短くなります。(乾燥した杉の場合、通常は1時間ぐらいです。)

記事はすべて3DCADの画面キャプチャーで、実際の画像がないままになってしまいました。
実際は杉の外の皮などがあってごちゃごちゃしているのと、家から300メートルぐら離れた
休耕田で行ったのでカメラ持参も面倒となり写真撮影は止めました。


nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ5 [Hobby]

底部のV型の切り込みの位置とサイドの切り込みの位置を変更しました。
底部の切り込みからの空気はロケットストーブのように中心の穴から上部に上がるという
流れとなります。
サイドの切り込みは底部の流れとは関係なく、単純に上部に上がります。
更に高さを若干低くしました。

SW_torch_Remodel.jpg8.png

これにより2つをスタックすることが可能で、これでロケットストーブの効果を上げる
ことが可能です。
使用するのは上部の丸太トーチだけです。

SW_torch_Remodel.jpg8W.png

また、こちらのように底部のV型の切り込みに更にチェーンソーで切り込みを入れれば
上部の切り込みと交差するので中心に下から丸穴を開けることも不要になります。
また、底部のV型の切り込みがなくとも空気の吸い込み効果がでるでしょう。

SW_torch_Remodel.jpg9.png

これでトーチ関連の記事は打ち止めにします。


nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ4 [Hobby]

前回のもので最終形だと思っていたのですが燃やしていると、もう少し空気の流れを良くした方が
いいのではないかと考えて、下から穴を開けて貫通することにしました。

SW_torch_Remodel.jpg7.png

これと下部のVカットを併せるとロケットストーブと同じ原理となるので、サイドからの流れと
ダブル効果でしょう。

また、着火に時間を掛けたくないのでこちらのガストーチを利用し始めました。
https://www.amazon.co.jp/dp/B004WAGP80/ref=sspa_dk_detail_1?psc=1&pd_rd_i=B004WAGP80

これであれば、上部の中心だけを熱すれば、3分ぐらいで着火します。

燃え方も若干良くなりました。
こちらの形状が最終形だと考えています。


nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ3 [Hobby]

丸太トーチ2は燃えやすくなりましたが、更に改造をする必要を感じました。
そこで切り欠いたサイド部分を上部と下部にもチェーンソーで切り込みを
入れることにしました。
これで限りなく薪に近い形状になります。

SW_torch_Remodel.jpg6.png

十字を二度処理するので8個の溝となります。6個の溝をつけるのは難しいのが欠点です。
上から半分まで燃えると崩れ易くなるともいえます。
この加工は丸太の直径は25cm以上の方が向いているでしょう。

実際に燃やしてみると、以前よりも燃えやすくなりました。
上部は燃えて崩れても、中心の底部分が燃え残るので勿体無い感じがします。
(燃え方としてはヒトデのような形状で広がり、逆円錐形のように深くなっていきます。)
nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ2 [Hobby]

実際に燃やしてみましたが、杉で作成したスウェーデン・トーチ改は20分ぐらいで火が
付きました。

SW_torch_Remodel.jpg

しかし、燃え上がるという感じではなくてくすぶるという燃え方です。
口で吹いた時だけ燃え上がるという感じです。
切ってから4ヶ月ぐらい乾燥させている杉でこんな具合です。
これでは暖をとることは可能ですが上部に鍋を置いての料理はできそうにありません。
底部の丸い穴も余り効果はないようです。
(ガスバーナーで点火する場合はその限りではありません。)

更に硬い七実という硬い木の場合は30分以上掛けても燃え上がりませんでした。
中心に天ぷら油を掛けるなどして点火するしか手はないでしょう。

焚き火をしていて思うことは煙突効果を出すには隙間が必要だということです。
チェーンソーの隙間では空気は通りますが燃焼という意味では狭いようです。

そこで次はこのような形状で挑戦する予定です。

SW_torch_Remodel.jpg6.png

この状態であればカットした4本の薪に近いので上昇気流にも対応できそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

丸太トーチ [Hobby]

スウェーデン・トーチと金属製ロケットストーブを丸太で製作したもの(丸太ロケットストーブ)を
上手く合成して「スウェーデン・トーチ 改」を作成しました。
チェーンソーも無事、修理から補償範囲内ということで帰ってきました。

スウェーデン・トーチは切り込むだけなので作り易いのですが火をつけてもその火が全体に回るまで
15-30分掛かります。

SW_torch0.jpg

丸太ロケットストーブは中心を縦にくり貫くのと下部に一箇所横に中心までくり貫くのが現実的には
非常に難しいのです。

Wood_stove.jpg

そこで上部に丸穴を浅く、下部にも4cm程度の浅いものを3-4箇所あけた後でチェーンソーで切り込み
更にずらした場所に浅い切り込みを入れて鍋置きの「五徳」に相当する部分と面取りをして完了です。
深い切り込みとは違う部分の方が煙が上がってきにくいし、切り込みが浅いので時間が経っても
焼け崩れにくいのではないかという判断です。

SW_torch_Remodel.jpg

上部の中心に丸穴を浅く開けているのは燃える物を置く為です。
下部の丸穴も同様で、ここに燃えるものを詰めてから点火します。
通常のスウェーデン・トーチは点火する場所が上部になるので、最初は燃え上がり難い点があるからです。

丸穴は下記のような35mmのものをホームセンターで購入しました。
https://www.amazon.co.jp/SK11-%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC11-35MM-%E6%9C%A8%E5%B7%A5%E7%94%A8%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB-%E3%83%9C%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%88/dp/B003EIHZ4O/ref=sr_1_fkmr1_1?ie=UTF8&qid=1551245280&sr=8-1-fkmr1&keywords=%E4%B8%B8%E7%A9%B4%E3%80%80%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%AB%E3%80%8035mm

もっと大きな穴を開けたいのですがこれ以上の場合はメーカーを問わず、取りつけ部分の直径が
6.35mmの六角ではなくて、変則的な形状で直径が10mm程度のものとなってしまいます。
ねじれトルクが増すためでしょう。ドリル側の負荷もより大きくなります。

しかし、充電式ドリルでは空きにくく、ACドリルでも負荷が大きく大変です。
そこでコンクリート用の振動ドリル(AC)で何とか上手くいきました。
使用したのはHiKOKI(旧日立工機)製です。

流石、振動ドリルでその威力は通常モードとは雲泥の違いです。
しかし、無垢のままでは負荷が大きいので事前に10mmドリルで5ヶ所空けて於いてから使用しています。
(複数個の丸太トーチ(ストーブ)を作るのでドリル故障が怖いため。)

雨が降る日が多いのでまだ実際に燃やしていませんので詳しくはまたご報告します。


nice!(0)  コメント(0) 

スウェーデントーチとチェーンソー [Hobby]

以前から気になっていたスウェーデントーチ
直径20-30cmぐらいの木を30-40cmぐらいずつにカットしそれにチェーンソーなどで120度ずつ
3本の切り込みを底を10cmぐらい残した深さまで入れるというものです。

その木を立てて中心に火をつけてコンロ代わりにするというものです。
太ければ2-3時間は持つようです。

早速試したいところですが、先日チェーンソーが壊れて先ほど修理に出したところです。
スプロケットと遠心クラッチのドラムが一体型になった「スパー式スプロケット」という
タイプです。
しかし、両者を溶接したものなのに分離してしまいドラムだけが勝手に回ってしまい
エンジンの動力が伝えられなくなりました。

昨年の6月に購入したものなので保証が効くといいのですが。


nice!(0)  コメント(0) 

目立て用ヤスリ [Hobby]

これまで目立て用ヤスリとして2本で800円ぐらいのものを使用していました。
1本が400円となります。
使用頻度にもよりますがこれでチェーンソーの目立てをすると4-6回ぐらいで効力が無くなるようです。

こちらであれば200円弱/本 になります。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B004BYZ24U/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

その後、3本入りで648円のものをホームセンターで見つけました。
216円/本なので急ぎの場合はこちらでもいいでしょう。

どれもOREGON製なので寿命が一緒だとすると、5回で止めるなら目立て一回で50円程度になります。
ホームセンターに出して目立てしてもらうと500円なので1/10になります。


nice!(0)  コメント(0) 

大木の伐採 [Hobby]

家の周りを綺麗にしようとして涼しくなった10月ぐらいから樹木の伐採をしています。
竹と杉が混在している場所で両親も全く手をつけていなかったので非常に厄介は
状態になっていました。

先に竹を30本ぐらい伐採して、節に切り込みを入れて燃やしています。
切り込みを入れないと燃やした時に破裂音がしてしまうからです。
残り10本ぐらいは伐採はしたけれど、倒した場所がよくないのでまだ処理はできていません。

杉は13本ぐらいありましたが、3本の木がくっついた状態で幹の太さが80cmぐらいでした。
位置関係から最初にこの木を処理する必要があったので伐採に苦労しました。
根本まで縦にカットして分離する形でカットしました。
枝葉は燃やしていますが、幹は持てる程度に細かくカットしていて、知り合いに引き取って貰う
予定です。

最後に伐採したのは胸の位置の直径が90cmぐらいの杉でした。
チェーンソーの長さが35cmなので両方から迫ってもカットできる直径は70cmとなります。
工夫をしればカットは可能ですが無理はしないで、まずは両サイド10cmぐらいを部分的に
縦にカットして70cmぐらいに細くしたウエスト部分を作りました。
それを両サイドからカットすることで伐採できました。

樹齢はもしかしたら90年以上なのかもしれません。
ここに引っ越してきたのは80年ぐらいらしいのでその前からあった杉なのかもしれません。
ただ、誰も管理しないで大きくなっていくばっかりだったので伐採という判断をしました。
これだけ大きな樹木は伐採した後も大変でまだ半分ぐらまでしかカットして細かくできていません。
15cm幅にカットしても直径があるのでかなり重いのです。
根本に近くなると90cmなのでチェーンソーの燃料代も潤滑オイルもばかにならないぐらいです。


nice!(0)  コメント(0) 

チェーンソーの目立て [Hobby]

新品のチェーンソーを使用していて切り株を地面スレスレでカットしてすぐに切れなく
したことがあります。

最初のころは目立ても下手で、ホームセンターで500円で目立てしてくれるサービスで
新品同様に復活することを確認してからは自分で工夫して対応しています。

電動ドリル+ダイヤモンドルーターも試しましたがある程度の高速回転でないと駄目な
ようで、ダイヤモンドルーターも消耗が激しいようです。

目立てやすりを30度のガイドのあるものに装着して処理しています。
こちらの4mmサイズのものです。

一つの歯に対してやすりをどれぐらいの回数かが色々あるようです。
少ないのは2-3回のようです。

うちでは5-20回ぐらいで歯の状態で判断します。歯個々で長さが違う場合は一番
短いものにあわせる都合で回数が増えます。

やすりも消耗品で目立て処理を10-20回ぐらい行うと交換しないといけなくなる場合が
あります。
2本入りで700円ぐらいのものを使用しています。
一回の目立てに35円ぐらいだとするとホームセンターに頼む500円よりは安いので
問題ないでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

チェーンソー目立てツール [Hobby]

チェーンソーの目立て作業に便利なのがこちらの固定クランプです。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07769CB3X/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1

以前は地面に置いて目立て処理をしていましたが、回転させると時が面倒で
安定もしません。

厚めの板や切り株の上にこれを立てて処理すると安定します。
メーカーのロゴのある部分を目安にクランプしているのでその文字の位置をいつも一定の場所で
処理することが可能です。


nice!(0)  コメント(0) 

チェーンソーの刃の交換 [Hobby]

大きな木を切った後ぐらいからチェーンソーの切れ味が悪くなりました。
その木が育つ途中辺りで家の誰かが有刺鉄線を木に巻きつけたようでそれが食い込んだまま
育った木を切ってしまったからです。

その破片がちぎれてチェーンソーのスプロケット部分に絡んで刃がこぼれてしまいました。
木に焦げ後がついてしまうので刃こぼれ以外にも木の重力に押されてチェーンの幅が狭くなっている
ことも原因なのでしょう。

そこで刃を研ぐのは諦めて新品の「91PX-52E」を3000円ぐらいで購入しました。
その後でインターネットで調べたら半額近くのこちらを見つけました。

互換品で5本や10本単位での購入では単価が1200円ぐらいのものもあるようです。
これなら研いで使うよりは余計な時間も掛からず楽そうです。

こちらのようにガイドバーと一緒に購入する方法もあるようです。
ただ、これを装着したらロゴがECHOからOREGON(オレゴン)になってしまいます。


nice!(1)  コメント(0) 

テスターのメーカー [Hobby]

テスターといえば30年以上前のデジタルテスターが2台を所有していたのですが、バッテリーを
装着したままで20年以上使用していなかったので内部がぼろぼろでした。

草刈機の調子が悪くて、原因がキルスイッチらしいことがわかったのですが、それをチェックする
方法がありませんでした。

そこで最近のテスターを調べてみました。
メーターとしてはサンワ、フルーク、日置などが浮んでいたのですが、知らないメーカーばかりが
アマゾンの検索でヒットしました。

廉価なデジタルテスターも多く、フルークや日置などは高額なものを販売しているように感じました。
見事にすみ分けをしているといえるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

「ニュースな街に住んでみた!」ソウル [Hobby]

NHKで草なぎ剛さんが出演されていたドキュメンタリー「ニュースな街に住んでみた!」韓国・ソウルを
録画で見ました。
最初は別の録画に偶然に録画されていたので25分だけみました。
昨晩の再放送で50分全部を視聴できました。

韓国ドラマのロケ地を趣味で探しブログにしていた時期もあるので、探してみました。
韓国ではグーグルよりは「Daum」や「Naver」の方がストリートビューやロードビューの方が有利です。

今回、二人が泊まっていたアパートのあるのエリアは坂道が多いので両者ともカバーしていません
でしたが、ラストに登場した場所の坂を下ったこちらの場所でした。

最初の方に映りこんでいた解放教会も数百m南にあります。
下記の赤い部分はアパートではなくてラストに登場した茶色い階段部分です。




nice!(0)  コメント(0) 

打ち合わせ用デスク2 [Hobby]

以前の記事で、50x75cmぐらいのローテーブルの天板だけを利用としていましたが
今もそれを使用しています。

それは近所のホームセンターで購入したものです。
ニトリの家具には無さそうでしたが、日用品があるフロアーに折りたたみテーブルを
扱っているのを見つけました。
こちらがその折りたたみテーブルです。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8760841?ptr=item

60cmx60cmではありますが打ち合わせようにはいいサイズです。
お店では見かけませんでしたがうちで使っているのと同じ50x75cmサイズも
こちらに存在しているようです。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8760844s?rc=set&ptr=item
メーカーは違うのでしょうが角の形も、うちのものと一緒です。
価格はこちらの方が1000円程度安くなっています。


nice!(0)  コメント(0) 

PC組み立ての代わりに [Hobby]

近頃PCの自作はご無沙汰しています。
その代わりといってはおかしいのですが自宅の草刈機の修理を頼まれたりすることが
あります。
自分自身で草刈をすることは少ないので構造から勉強しています。

似たような機種で故障したまま古くなっているのを部品取りにしています。
また部品交換に関してはOEM関係も知らないといけません。
こちらでは営業所も多いクボタ製が多いのですがゼノアという会社からのOEM品でした。
農家の人は保守的な人が多いのでホームセンターの安かろう悪かろうの草刈機は嫌がるようで
価格も大きく違うようですが営業所が多いクボタの人件費も含まれているってことでしょう。

以前は遠心クラッチ交換ぐらいでしたが、最近はドライブシャフト交換など面倒な
修理となっています。
運よく、近くのホームセンターが草刈機のキャブレターをはじめとした細かい部品も扱うように
なったので代替部品が手軽に入手可能となりました。

チップソー(歯)への安定板の取り付けやナイロンコードカッターへの交換や両方が使えるハイブリッド
歯への興味などが湧いてきました。
結局、安定板でありながらナイロンコードカッターも装着可能でハイブリッドになるタイプに
改造してしまいました。
しかし、23ccぐらいでは歯と紐のハイブリッドにするとエンジンへの負荷と変化が多いようでアクセル
コントロールが面倒です。
26ccぐらいのものであれば問題なく動作してくれています。

こういった組み合わせはPCの自作に似ていて楽しみながら改造しています。


nice!(0)  コメント(0) 

自営業の趣味 [Hobby]

サラリーマンと違って自営業では仕事がいつも詰まっているという喜ばしいこと
ばかりではなく暇な場合もあります。
そういった時に役立つが本業とは全く関係ない趣味です。

知り合いの自営業者で趣味が全くない方が仕事がない時はよくうちに電話を掛けて
きたり、仕事場にも訪ねて来られたりで厄介でした。

私の場合は、以前は韓国ドラマを見てロケ地を探したりブログをやったりしていま
した。
そのための画像加工としてイラストレータやフォトショップに関してもスキルアップ
することができました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)