So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ピクセルのHDRソフトウェア [Graphic]

こちらにHDR加工するソフトウェアがあります。
http://pixel-master.net/product/hdr/
https://www.sourcenext.com/product/pc/gra/pc_gra_001954/

フォトショップのプラグインなどは高価なのでこういった単体ソフトウェアが
いいでしょう。

フリーソフトの場合は海外製が多いようです。
きれいな写真が撮影できた場合はHDR化したくなるでしょう。



nice!(1)  コメント(0) 

Affinity Designer [Graphic]

イラストレーターはOSがWinXPの時代は使用していましが現在のクラウド版になってからは
使用していません。
その代わりになりそうなのがこちらの「Affinity Designer」です。

https://affinity.serif.com/ja-jp/designer/

Mac版ではありますが動画はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=4&v=McPoN-eANg8

プロでも使用可能なソフトウェアなので機能的には十分ではないでしょうか。
元々Mac版の移植だった「FireWorks」に慣れているので、このソフトウェアも問題なく
使えそうです。

PDF編集ができないなどの使用できるファイルに関する細かな弱点はありますが
可能性のあるソフトウェアです。

ソースネクストでも扱っています。

Affinity_Menu.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

AdobeもAIを利用 [Graphic]

こちらの情報によればアドビ社もAIを利用して画像の修正に生かそうと
思っているようです。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1052521.html

人間のプログラミングはアルゴリズムを見つけてそれを個々にプログラミングするだけですが
AIであればそれも勝手に処理してくれるので今後もこういった流れになるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

フォーム内の画像作成 [Graphic]

スクリプト内のメニューフォームで画像を作成する場合があります。
プログラミングよりはこの画像を作成する方が楽しいかもしれません。
というのもプログラミングも複雑になると困難がありますが画像作成はすでに出来上がったものを
操作しているような未来のようで楽しいです。

しかし、プログラミング中にその画像を修正するのはこれまでの例では大体10回ぐらいです。
画像加工に慣れていないとこの作業は逆に辛いかもしれません。
また小さい画像で処理しないといけないので文字などはアンチエイリアス処理は当然です。
四角形などはセンター間に線を引くので奇数のピクセルである必要があります。

メニューは入力し易さやTABキーで次の項目に移動しやすい内容やレイアウトである必要もあります。
現実的にはベクター系でないといけないので「イラストレータ」か「FireWorks」などのソフトウェアが
必要です。弊社では後者で作成しています。

「花子」などの画像加工では修正に時間が掛かるし、再度全体の枠を指定する必要があります。
毎回サイズのトリミングをしていたのでは繰り返しの修正処理をするには向いていないでしょう。


タグ:Tips script
nice!(0)  コメント(0) 

画像のトレース [Graphic]

前面パネルなどレンダリング図が先行した場合はそれに対応した配置図面や
基板寸法図が貰えない場合があります。
その場合は画像をベースにしたトレースでDXF化が必要です。

以下、その手順です。

図脳RAPIDは基図という機能があるのでそこにTIFFファイルをインポートすれば
その上から製図をすればトレースしたことになります。

問題はそのTIFFファイルをどう事前処理するかです。
こちらのサイトでは画像の解像度とセンチ(ミリ)からピクセルを算出してくれます。
http://www.size-info.com/pixel/

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

「花子2013」 [Graphic]

「POWER POINT」は使用していませんが「花子」は使用しています。
ワードも使っていないので文章を作成するには「花子」頼みです。

「花子2012」を購入しようと思って調べてみたら来年2月に「花子2013」が発売
されるので保留です。

DXFインポートやコピペで外のソフトウェアでの利用も多いので
こちらも3D風になってくれるのはありがたいです。
nice!(0)  コメント(0) 

グラフィックソフトウェアの併用 [Graphic]

設計業務で顧客とのやり取りでは設計画面のコピーなどが必要になります。
すると自然にグラフィックソフトウェアでのトリミングや加工することとなります。
スキルアップをしようと思っていますが本業ではないので意外と上達していきません。

うちではもっぱらADOBE社製の「Fireworks」に頼っています。
フォトショップとイラストレーターの両方の機能を持っているからです。
しかし、本格的に使用するとイラストレーターなどには勝てません。

イラストレーターをCADとして利用したいと思いこちらのアプリクラフト社製「CADtools」が
いいのではないかと検討をしています。
nice!(0)  コメント(0) 

KeyshotVR [Graphic]

Keyshot3に関してはある程度理解していましたがVRについては不勉強でした。
こちらにサンプルがありました。

驚いたことにマウスでのその操作は3DPDFとほぼ一緒です。
左クリック+ドラッグで視点移動
右クリック+ドラッグでズームインアウト
左右同時クリック+ドラッグでパーンです。
(親指と薬指でマウスを持つ体勢が必須です。)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

図形入り文章 [Graphic]

こういう場合、以前は「WORD」を使っていましたが、ここ10年ぐらいは使っていません。
機構設計CADのデータの場合はそれに文章を追加して作成することが多く
ブログ記事の場合は、「Fireworks」に文章を追加し、より複雑な図形と文章だと「Illustrator」です。
そして、ページ数が多い場合は「花子」を使用しています。

「花子」はソフトウェア名が「Power Point」のようにカッコいいともっとシャア確保ができたであろうにと
今頃思っています。
進捗状況だけは「Visio」を使っていましたが、バージョンアップがなくて最近は所有していたのを忘れ
そうなぐらいです。