So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

一体型のパソコン [Computer]

自作派なのでメーカー製のデスクトップPCを購入することはまずありません。
しかし、その流行に関しては少しだけ気にしています。

ノートPCでTVチューナ付きは減ってきているようです。
デスクトップPCではTVチューナ付きは下記のようにあります。

http://nec-lavie.jp/products/da/
https://pcguide-ad.net/news/nec-2018spring-0116/

TVチューナ付きに着目するのは、そういう構成の場合はスピーカーの性能も良いからです。

表示角度やキーボードの収納場所も上手く考えられているのは流石、メーカー製です。
仕事をしながらTV視聴もできるのも気晴らしするにはありがたいことです。


nice!(1)  コメント(0) 

PDFの縦横とビューワー [Computer]

縦のPDF書類は縦置きのディスプレイで見ているので印刷して見るということは殆ど
しなくなりました。

しかし、複数のページを同時で見たい時がフットプリント作りの作業ではあります。
その場合はGoogleブラウザ「Chrome」ではPDFビューワーがあるのでそれを併用して
デュアルヘッドの横置きのディスプレイに表示させています。

横のPDF書類の場合もありますがそれも横置きディスプレイで見ています。

専用ビューワーとアドビのアドインがあるようですが、前者でないと使い分けは
できないようです。

デュアルヘッドの場合はソフトウェアによってどちらのディスプレイに表示されるかを
決められるのでアドビの場合も、アクロバットリーダーと編集できるアクロバットとは
ディスプレイを分けての併用が可能です。

回路図などは32インチディスプレイでも縦置きディスプレイでは不利です。


nice!(0)  コメント(0) 

32インチの4Kモニターの価格低下 [Computer]

こちらの31.5インチ/4Kモニターの価格は同サイズの2.5Kより少し高いだけの価格設定になっています。

こちらは更に安い価格帯です。

これぐらいのサイズのモニターになるとVESA金具がなかったり、後者のようにセンター割振りではない場合が
あります。
大型の4Kモニターを縦配置で使う意味が少ないからかもしれません。

これぐらいのサイズのモニターになるとPIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)以外に
PBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)というテキスト編集画面のように並べて表示する機能も
あります。
当然ですが、HDMIなどの入力コネクタが2系統ないと実現できません。


nice!(0)  コメント(0) 

モノクロ画像をカラー化 [Computer]

こちらにモノクロ画像をカラー化がありました。

ただ、自動でカラー化してくれる訳ではなくてどこをその色にするかは指定する必要があります。
何年か前にモノクロ画像をフリーソフトウェアでカラー画像化したことがありますが
それと全く同じ手順でした。

変更する色の種類が多くて、指定するラインの途中で色を変えることができるのは便利です。

元のモノクロをベースとなるレイヤとし、その上に別の半透明色を重ねるというイメージです。
そのため、黒はほぼ黒のままとなるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

MSI製の超ワイドゲーミングディスプレイ [Computer]

シネスコ比が最大比と思っていたらそれ以上の32:9という比率のディスプレイが発売される
ようです。
http://www.gdm.or.jp/crew/2018/0607/265410

3,840×1,080ドットなので縦方向の解像度は通常のままで横幅だけが通常の1920ドットの2倍
となっています。

通常のフルHDのディスプレイを2台置けば同じではありますが、これぐらいの解像度となると
切れ目が気になります。
その切れ目が重要な中心部というのは辛いでしょう。

ゲーム用なのでしょうがCADで利用でも便利でしょうが、まだ不明な価格だけが気になります。


nice!(1)  コメント(0) 

GMOのマイニングマシン [Computer]

先日、経済番組でもこの話題に触れていました。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1806/05/news146.html

GPU依存での演算ではなくて専用ASICによる演算となっています。
7ナノメートルプロセスのマイニングチップの導入で消費電力も少なくなっており
価格、性能ともに満足する機器は珍しいです。

日本でも冬の雪を集め、それを利用した冷却室でマイニング機器を稼動させている所も
あるようです。
機器の冷却はこれで解決しますが、電気代の面からこのような消費電力の少ない機器を
利用しないと日本ではマイニングは難しいでしょう。

ビットコインの価格がここにきてやや低値ではありますが安定してきたので
こういった機器がまだ登場する可能性はあるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

EXCELの意味 [Computer]

マイクロソフトの表計算ソフトの「EXCEL」の話です。
特に意味があるとは思っていないので勝手に作った固有名詞だと思っていました。

「EXCEL」は「優れる」とか「秀でる」という意味があるそうです。
以前からエクセレントに似ているとは思っていましたがそういう系統なのでしょう。

TV番組で何気なく「EXCEL」の英語の意味に触れていたので改めて調べてみた結果です。
弊社ではEXCELはVBAを使用したUtilityとしてしか使用していないのと10年以上もの間
使用していない時期があったので今頃、そういう基本的なことに触れています。

一方、「POWER POINT」はパワーを貰える場所なのでコンセントなどの供給所ということになるの
でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

市販のITXのパソコン [Computer]

こちらのパソコンは特に記載はありませんが非常にコンパクトなケースを採用したパソコンです。
http://www.g-tune.jp/products/solution/littlegear/#lg_05
http://www.mouse-jp.co.jp/company/news/2018/news_20180426_01.html

特に記載はありませんがmini-ITXのケースなのでしょう。
持ち運べるような取っ手があるのが斬新です。

ノートパソコンでは非力な場合もあるのでこういったデスクトップ系パソコンに取っ手があると
ありがたいです。
以前に自分でも取っ手を装着したことがありますが位置を調整しないと重心がずれて持ち運び時に
斜めになったり手が痛くなったりします。

また、このケースで驚きなのはDVDドライブがオプションで選択でき、上部の蓋をスライドすると
登場するドロップインタイプ?のスリムドライブが装着可能です。
ケース内部を上手く使うにはこれしかないでしょうね。


nice!(0)  コメント(0) 

パソコンの台数 [Computer]

自営業で使用するパソコンの数は何台がいいのかたまに聞かれることがありますが
バックアップ機という面もあり、3台から4台がいいのではないでしょうか。

1台のパソコンにすべてのソフトウェアをインストールするよりはパソコンによって
インストールするソフトウェアを変えておいた方が故障時に全滅ということがなくなるでしょう。

バックアップ機にメイン機と全く同じソフトウェアを入れるのではなくて
仕事に使うソフトウェアだけを(ここではAltium)入れておけばいいでしょう。

経理や見積もり、請求ソフトウェアなどは使用頻度がCAD業務とは少し異なりますしCPUパワーも
いらないのでノートパソコンの方が良さそうです。

厄介なのはEXCELとPDF作成ソフトウェアでしょう。
前者は2台にインストール可能ですが後者はアドビ製にするか廉価なものにするか、混在させるか
悩まされます。
ウィルス対策ソフトウェアはインストールは3台までというのが多いのでパソコンも3台までに
するという考え方もあります。


nice!(1)  コメント(0) 

OSは1つ飛びで外れ [Computer]

WinXP以降の話で、Vista、Win8は外れで
その間のWin7、Win10は当たりのように感じています。

マイクロソフトとしては外れの後にまた外れという訳にはいかないから注力することで
こういうことになるのでしょうか。

弊社ではWin10はまだ1台だけで、Win7が3台がそのままです。
特に問題がないから使用しているのですがサポートが2年を切っているのでそれまでに
1台ぐらいはWin10に以降したいのですが、どうなりますやら。

32ビット版のパソコンも暫くは残しておきたいのでWin7の32ビット版はそのままでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

カスタマイズが趣味 [Computer]

自分の性格や行動パターンを自己分析してみると
CADソフトウェアなどは必ず自分が使い易いようにカスタマイズしていることに気がつきました。

いつごろからを思い出すとカスタマイズできるソフトウェアが発売されていた初期からです。
逆にカスタマイズできないソフトウェアは購入を避けていたように思います。

自分流にアレンジすることだけではなくて如何に無駄な時間を消費しないよう、短時間で処理
する為のカスタマイズでした。
EXCELのマクロもAltiumのDelphiスクリプトも躊躇なく取り組めたものそういうことなのでしょう。

パソコンの自作も自分流にしたいということからきているのかもしれません。
プラモデルは殆ど作ったことがないので、パソコンの自作なら変更の選択肢が大幅にあるので
目覚めたのでしょう。

仕事場にあるものは市販品が多いのですがそれもDIYなどで加工やアレンジをしているので
その部分もそうでした。
9台のディスプレイモニターのスタンド部分で純正品をそのまま使っているものは1台もありません。


nice!(0)  コメント(0) 

ワイドではない湾曲ディスプレイ [Computer]

ワイドディスプレイにだけ湾曲したディスプレイが存在するのかと思っていましたがそうでも
ないようです。

下記の2台は通常のフルHD仕様ですが湾曲ディスプレイとなっています。

ASUS社製 31.5インチモニター VA326H

MSI社製 31.5インチモニター MN331

32インチサイズぐらいになると目から遠くなる部分が見え辛くなるので湾曲タイプも選択肢として
登場するようです。
どちらの機種もゲームを想定しているようです。
2.5Kディスプレイが買える価格帯なので微妙な選択肢です。

VESA金具で縦に配置することは極めて少ないでしょうが、中心ではないので注意が必要です。


nice!(0)  コメント(0) 

液晶テレビスタンド [Computer]

こちらの液晶テレビスタンドは比較的廉価です。
https://desk-direct.com/products/detail.php?product_id=5173

それよりもその仕様のブラケットの寸法が細かく記載されているので参考になり
300mm、400mmなどの取り付け間隔があるのを初めて知りました。
強度をどう保っているかもこの図面から察することも可能でしょう。

そのブラケット部分の外周サイズが大きいので32インチぐらいでないとそれを
覆い隠せないで正面から見えてしまうのでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

ADSパネル [Computer]

購入したばかりの31.5インチディスプレイは以前のものと違って縦置きしても
視野角が広いためなのか正面以外から見ても違和感がなくて順調です。

理由を調べてみるとADSパネルだからのようです。
http://www.iodata.jp/product/lcd/info/ads.htm

IPSは知っていますがADSという呼び名は知らず、購入前にもそういう仕様は知っていましたが
特に気にはしていませんでした。

横置きの場合は左右の視野角は気にしますが、上下の視野角は椅子の高さが一定であればあまり
気にならないでしょう。
しかし、縦置きにすると上下の視野角が左右の視野角ということになるので厄介です。

臨時に使用していたBen-Q社製の24インチディスプレイでは縦置きでは正面だけで左右5-10度でも
違和感があり不便でした。



nice!(0)  コメント(0) 

アルミのモニタースタンド [Computer]

モニタースタンドを購入する前に、作業テーブルが白いので白系統が欲しかったのですが
白塗装のものは見つけられませんでした。
こちらは白色ではありませんが、アルミ色なので一般的な黒色のものとは雰囲気が違います。

こちらの機種は高さが3段階に調整できるのはありがたいのですが通常の2倍弱なのがネックです。
モニターは黒色のものが多いのでその台として使うかキーボードなどの収納に使うかで判断されるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

ワイドとマルチディスプレイ [Computer]

1、2台でスマートに決めるにはワイドディスプレイ、しかも湾曲型がいいでしょう。
しかし、パソコンが複数台ある場合はマルチディスプレイの方が実務的で価格的にも有利です。
さらに、2.5K、4Kの流れとなるとワイドディスプレイは不利になってきているように感じます。

ディスプレイの場合は、一度どちらかに決めるとそれを進化させていくので最初の判断を間違うと
どんでもない方向に進んでしまう危険性があります。

以前はワイドディスプレイにも興味があったのですが価格との折り合いもあって今は
マルチディスプレイ派です。
部屋の関係もあって、もうワイドディスプレイを配置する場所がありません。

ワイドディスプレイを2段構成するのは非常に難しいし、どれかを中心に配置(三面鏡構成)することも
考慮すると最低でも3台x2段構成が必要でしょう。
しかし、これは価格的にも、配置時の裏のフレームの構造的にも難しいでしょう。

三面鏡構成は三面鏡は1段でも2.5Kでは解像度から作業性が悪く、4Kでないと解像度的には現実的では
ありません。
しかし、それでも横置きが全くなしで、また1台のPCでコントロールというのは辛いでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

I-O DATAの31.5モニターの差 [Computer]

購入したディスプレイモニターは上段のこちらですが、下段とはスペックが殆ど同じなのに価格が違って
いました。
EX-LDQ321DB

LCD-MQ321XDB

I-O DATA社のサイトでは下段のものは他のシリーズと一緒に掲載されていましたが
上段は単独での掲載でした。
そういえばI-O DATA社の製品でこれまで購入したものはどれもLCD-*という型番で始まっています。
スペックを厳密に調べたら、ほぼ一緒でした。
結論としては3年保証か5年保証の違いでしたが、その割には型番が違い過ぎます。
下段の方の説明には他のスタンドで縦に配置する場合は電源側を上にする旨の注意書きがありました。
購入した上段の方には何も記載がありませんでしたが、偶然にもそういう向きで取り付けています。
通風穴の配置の都合なのかもしれません。

改めてスペックを見て視野角が広いことを知りました。
そういえば、BEN-Q社製の24インチディスプレイモニターでは左右の視野角がシビアで正面のみでしたが
I-O DATA社製ではそういうことは全くなく、どこから見てもほどんど違和感がありません。


nice!(0)  コメント(0) 

ディスプレイモニターのサイズと解像度 [Computer]

手持ちの24インチディスプレイの縦の寸法を測定したら300mmでした。
2.5Kの31.5インチディスプレイの縦は約400mmでした。

つまり1.33倍です。
それぞれ1920px x 1080pxと2560px x 1440pxです。
1080pxと1440pxの倍率は1.33倍で、どちらも一緒です。
(参考ですが、4Kならここの値は2倍で、8Kなら4倍となります。)

両者のピクセルは同じ密度ということになります。
画面が大きいので荒くなるかと思っていましたがそうでもなかったのはこれが理由でしょう。
FHD(1920px x 1080px)タイプの27インチや32(31.5)インチは廉価ですが、この部分ではかなり
遜色があったでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

I-O Data フリースタイルスタンド [Computer]

I-Oデータ社のこちらでは「フリースタイルスタンド」と呼ばれるラインナップがあるようです。

チルト、スイベル(左右の調整)、ピボットのすべてに対応しているという意味なのでしょう。

残念なのはスタンドだけを別売りしていないことです。
画面サイズによって奥行きや立ち上がり角度などが90度以外のものがあるので仕方ないのでしょうか。
また画面サイズによってはピボットの関係で上下の可動範囲を広めにしないといけないでしょう。

10年ぐらい前に購入した機種ではしっかりした構造でしたが、いつの間にか各社の価格競争に
飲み込まれて、他の会社との差が無くなっていました。
これまでは極めて少なかった白色のタイプもいくつかあるようです。


nice!(1)  コメント(0) 

LED照明の過多 [Computer]

パソコンの周辺機器では青色などのLED照明が多いように思います。
以前、青色LEDが発売されたころにもAV機器で青く眩しいパイロットランプや照明で
夜になっても眠りにくいという意見を聞いたことがあります。

それから暫くは落ち着いた気がしていましたが最近はそうでもないようです。
PCケースを閉めたら見えなくなるようなマザーボード内の照明だったり
テープ状のLED照明を巻きつけたりしています。

マウスパッドの周辺にLEDを仕込んで光るものもあるようです。
プラスチック製品ならともかく、布製の縁にそういう処理をしてあるようです。
暗い部屋でパソコン操作をするのならそれでもいいのでしょうが、うちでは昼間の作業が多いので
意味がなさそうです。


nice!(0)  コメント(0)