So-net無料ブログ作成

基板設計価格の低価格競争対策はされていますか [Sales(E/J)]

仕事量が減るととどうしても低価格競争となってしまいます。
ピン単価が80円/ピンぐらいになったらどうされるでしょうか。

弊社の場合はフットプリント作りもユーティリティもDelphiスクリプトで
対応できますし、疎かになる検図などもEXCELマクロなどで短時間での対応が可能です。

また、5回以上のネットリストの修正やノードの修正なども同様にEXCELマクロで
対応できるので弊社ではピン単価が80円/ピンでも問題ないでしょう。

「Altium Designer」でパターン設計をされている方は今のうちにこういったプログラム
(を購入すること)で準備されては如何でしょう。

面倒な新規フットプリントも御社の設計基準やメカニカルレイヤにカスタマイズして
納品するので即、使用可能です。
実際に導入されている方も、もう昔の手法には戻れないほど重宝しているとのことです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

何でもいつまでも続かないのでは [PCB Design(J)]

駅前の(アーケード)商店街もご存知のように郊外型大型店舗によってシャッター通りになっています。
基板設計のアウトソーシングもこれに例えるとこれまで通りに続いていくとは限りません。

リーマンショックの時の落ち込みで大企業はアウトソーシングを国内ではなく海外移転して
そこで対応しているように感じます。

そして米中貿易摩擦の影響が電気業界に蔓延し始めています。
昔のようにアナログICやデジタルICの組み合わせをした回路は殆どなくて

アナログの場合も簡単なデバイスからADコンバータでデジタル信号化し
後はASICなどで処理すればいいことになります。
CPUなどの処理スピードも上がっているので以前のように処理が間に合わないからという
ことは少ないです。
こういった回路構成の場合は大規模な回路になることは少ないのでアウトソーシングする
メリットがなくなります。

ADコンバータまでは基板化して後は市販のCPUボードで足りることもよくあります。
かなりの部分がソフトウェアで処理できるようになってきていることも要因です。

基板設計の流動化をそれで考えてみると

駅前商店街--->バイパス沿いの専門店--->郊外型大型店舗

知り合いからの紹介(フェイスツーフェイス)--->インターネットでの仕事の依頼
--->グローバル化で海外での基板設計、製造

こういう感じなのでしょうか。


nice!(1)  コメント(0)