So-net無料ブログ作成

部品の座標の丸めをするスクリプト [Altium VB Scripts]

前出の能動的なスクリプトの案として提案した記事の内容を実現しました。

基板上の部品のブロック移動などを重ねるとその座標がグリッドから少しだけ外れます。
インチ/ミリの計算の誤差なのかもしれません。

それを修正するスクリプトが完成しました。
プログラミング内では四捨五入という概念はないので丸めというRound関数を使用します。
四は切り捨てしても問題ありませんが、五は1~9の真ん中なので1/2の確率で切り捨て切り上げを
しないといけないからです。

メニュー付のスクリプトとして丸める桁を小数第0から3位までにしました。
ミリ系なので1mm、0.1mm、0.01mm、0.001mmの4つの中から選べます。
デフォルトは0.001mmにしてあります。

併せて部品の回転角度が360度の場合は、0度に修正するようにしています。

設計完了してから移動するとまずいのでラフレイアウトが完了した時点、またはパターン配置
直前に使用するといいでしょう。
ピックアンドプレースファイルで出力時の座標を丸めるスクリプトも用意しているので
気にせずにそのスクリプトで処理する方がいいかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)