So-net無料ブログ作成

シルクの文字を45度回転するには Part.7 [Altium VB Scripts]

スクリプトはほぼ完成したと思っていましたが、別の案が浮かびました。
現状では別名保存して処理しています。
面倒な場合もあるでしょうからデジグネータを移動するのではなく別のレイヤにコピーするという
処理であれば利用しやすいでしょう。

例えばシルクレイヤのTOP/BOT用のそれに対応したものとしてメカニカルレイヤの11-12などに
配置するということです。

これまでのように作業が可能なのか、メニューフォームがこれまでのものと互換性を持ちながら
機能追加できるかどうかを検討中です。

個々にスペシャルストリングスを配置しても部品配置後でフットプリント内に無い情報なので
表示されません。
単純にテキストとして配置することは可能です。
どちらにしても部品を移動すると連動はしていないので文字が取り残されます。

コメント欄の文字をデジグネーターと同じ文字にして別のレイヤに配置することは可能です。
これであれば部品と連動しているので移動時に文字が取り残されることはありません。
しかし、すでにコメント欄の文字を型番名などとしてガーバーデータとして利用する場合は
NGです。
別名保存してマウント図として利用する分には問題ないでしょう。


nice!(1)  コメント(0)