So-net無料ブログ作成

部品表同士の消しこみ [PCB Design(J)]

弊社ではネットリストの型番を修正して基板にロードしているので部品表はチェックするだけ
でした。
しかし、部品表基準でネットリストを作成する方も多いようです。

これまではEXCELマクロで両方のネットリストを読み込んで処理し、クロスリファレンスにして
比較していました。

そういう手法はどちらかというと無機質です。
そこでネットリストを部品表に変換し、部品表同士を目視する方法もあると感じています。
グループ的な違いを見つけるにはクロスリファレンスでの比較とは異なります。
但し、目視なのでチェックミスも発生しやすいので前者と併用する方がいいでしょう。


nice!(0)  コメント(0)