So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マウント図での極性表示2 [AD16]

ドラフトマンでは下記の図のようにデフォルトではなくてシルクを選べば
ダイオードなどオリジナルに極性が書かれていれば表示されることがわかりました。

しかし、作り方や円弧の状態によっては化けてしまう場合もあります。
それでも、極性表示はある程度は理解可能でしょう。
特に、基板でREF番号のシルクを省いてしまった場合はドラフトマンでREF番号を
CENTER/FITで処理する必要があるでしょう。

また、REFマーカーでOFFからCONTOURに代えると部品のピンが数字で表示されていれば
一番ピンが黒いポッチで表示されます。
ダイオードなどAやKの場合はどれが基準なのか認識できないので表示されません。

表示させたいものとそうでないものを区別したい場合はその上の「Components」で
ある部分を連続して選択した後でその項目を変更すれば可能です。

DM_RP.png


nice!(0)  コメント(0)