So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ネットリストからREFを生成 [EXCEL Macro]

STEP化のより具体的な見積もりのために、これまではシンプルBOMの情報を利用していました。
それはPCBDOCからの生成だとフットプリントがはっきりしているからです。

しかし、見積りレベルだとPCBDOCが存在していない場合もあり得ます。
そこでネットリストからもREFのアルファベット部分を生成できると便利です。
しかし、自社でフットプリント名を差し替える必要があるので一旦、自社のネットリストに
EXCELマクロなどで変換し、そのネットリストから新たに生成する必要があります。

これまでに作っていたマクロを改造してREFのアルファベット部分を生成できるマクロが完成
しました。
このアルファベット部分は更に別のマクロで分類してSTEP作成の単価を振り分けるためにどうしても
必要なのです。

ネットリストの方がBOMよりは見積もりとしての利用頻度が高いのかもしれません。

NET_REF_EM.png


nice!(1)  コメント(0) 

複数のシンプルBOMを連続インポートできたら Part.2 [ALTIUM DESIGNER]

Excelマクロで処理する方法が見つからなかったのですが次のバッチファイルをクリックすれば
同じフォルダ内にある*.csvファイルを勝手に合成してくれました。
再度実行したとしてもバッチファイルで生成した名前のCSVファイルは除外されるようで
更に足すことはないので何度でも試せます。
拡張子はCSVだけではなく、TXTでも可能です。

COPY_And_MERGE_CSV.bat
******************************

COPY *.CSV MERGE.CSV

******************************
MERGE.CSVのMERGE部分は別名にして問題ありません。
勿論、バッチファイル名も変えても大丈夫です。

ただ、末尾のEOF辺りに何かあるようでマクロで読み込むと→矢印になってしまいます。
特にその部分はマクロでは関係ないので何も処理していません。
バッチファイルで処理したファイルをテキストエディタで一旦読み込んで、何もしないで
セーブするとこの問題は解決します。
(ファイルサイズが1バイト分減るようです。)

このバッチファイルを編集したい場合は一旦*.TXTに拡張子を変えてください。

Altiumの場合は複数のヘッダーがあるのでそれをどう後処理するかが問題です。
これで、連続インポートする問題は解決しました。

ただ、複数のPCBDOCから一旦、シンプルBOMを作成するのが面倒ではあります。
Delphiスクリプトで出来ればいいのですが、途中までトライして断念しました。


nice!(0)  コメント(0)