So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アクセス数と雪 [ブログ]

Sonetのアクセス解析とは別に忍者カウンターを設けています。
後者の方がアクセス数が正確なのはこれまで別のブログをいくつも渡り歩いた経験則
です。

昨日はそのアクセス数が4割程度減少しましたが、通常はアクセス数はほぼ一定です。
それから推測すると昨日も午後から雪が降るという天気予報で会社から早めに帰宅
したのでこのような結果となったのでしょう。

このブログの閲覧者が関東エリアが4割以上で、会社からブログにアクセスしているのでは
ないかと想像されます。

ビックデータでななくてスモールデータ解析ですが面白い傾向でした。


nice!(0)  コメント(0) 

「Altium Desinger」のIPC-2581 [CAM]

AD15.1から基板データをIPC-2581で出力してみました。
以前にもさらっとテストし記事にしていますが更にチェックしてみました。

どこにどのようなファイル形式で保存されるかを聞かれないままの保存なので
戸惑いました。
通常どおりにガーバーデータを出力される場所に*.cvgという拡張子で生成されました。
CADやCAMによっては*.xmlという拡張子となる場合もあるようです。

それをCAM350 V12にてインポートしました。
ODB++と同じように単体のファイルでの入力なので特に設定なしでの読み込みです。

ガーバーデータとの違いはネットリストがそのまま伝わることです。
GNDのネットリストを選択するとべたの部分は何故かハイライトされずに
小さいプリミティブはハイライトされています。その理由は不明です。

レイヤーに関しては通常とは異なって多くのレイヤが付加されるようで部品の外形が
四角形として細い線で表示されていて常に表示されるようです。
しかし、これはODB++のインポート時でも同様に表示されます。

他の機能としては使用している部品も表示されるのでインテリジェントなファイル形式だと
感じます。これはODB++でも同様です。

こちらの中盤の6分前後には「Altium Desinger」についても触れています。



nice!(0)  コメント(0)