So-net無料ブログ作成

部品表太の代替マクロは [EXCEL Macro(J)]

以前はORCAD出力されたBOMファイルを部品表太で読み込んで部品表を作成していたので
どうしても気になります。
また、稀にそれに関しての問い合わせもあります。
WinXP以降のOSでは動作しなくなったことも関係しているのでしょう。

EXCELマクロで処理は可能なのでそのヒントを記載しておきます。

1.BOMを読み込むシートを事前に作成します。
 読み込むBOM形式を固定しないといけないのでCADを指定することにもなります。

2.データベースシートの作成
 置換テーブルが必要となります。またそれ以外にメーカーや単価などの関連付けを
 するためのデータベースを事前に作成しておきます。
 (部品表太のデータがある場合はそれに準拠してコピーすればいいでしょう。)

3.新規部品表シート
 置換テーブルで作成した部品表を表示するためのシートが必要でしょう。
 1.のデータを2.のデータベースからVLOOKUP関数で処理すれば出来上がります。
 コピペで処理するか、自動的にファイル生成と規定名での保存をするなどの処理が
 できます。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0)