So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

部品表太の代替マクロは [EXCEL Macro]

以前はORCAD出力されたBOMファイルを部品表太で読み込んで部品表を作成していたので
どうしても気になります。
また、稀にそれに関しての問い合わせもあります。
WinXP以降のOSでは動作しなくなったことも関係しているのでしょう。

EXCELマクロで処理は可能なのでそのヒントを記載しておきます。

1.BOMを読み込むシートを事前に作成します。
 読み込むBOM形式を固定しないといけないのでCADを指定することにもなります。

2.データベースシートの作成
 置換テーブルが必要となります。またそれ以外にメーカーや単価などの関連付けを
 するためのデータベースを事前に作成しておきます。
 (部品表太のデータがある場合はそれに準拠してコピーすればいいでしょう。)

3.新規部品表シート
 置換テーブルで作成した部品表を表示するためのシートが必要でしょう。
 1.のデータを2.のデータベースからVLOOKUP関数で処理すれば出来上がります。
 コピペで処理するか、自動的にファイル生成と規定名での保存をするなどの処理が
 できます。



続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

PC自作の時期 [PCDIY]

自社のPCの最新のものは第4世代のPCなのでそろそろ自作しようかと思っています。
年明けから数ヶ月掛けて部品を購入して自作する予定です。
AD18が64ビット対応ということも自作するきっかけになっています。

CPUは6コアのi7-8700Kにしようと思っていて、空冷で処理する予定です。

ケースはマイクロATXなのでマザーボードは限られます。
SSDはHDDインストール後にクローンで差し替え、V/Cオンボードで後から
検討する予定です。

メモリー価格は上下しているので16Gbyte程度にするでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

DIMMメモリーのランク [PCDIY]

メモリーにはシングルランクとデュアルランクというものがあります。
私自身も気にしていませんでしたが、メモリーに表記されていないものがあるようなので
購入後に落胆しないように調べてみました。

一度にデータ読み書きが可能な単位をランクと呼び、シングルランクとデュアルランクが
あります。

DIMMメモリーソケットが4つある場合にデュアルランクのDIMMを2枚さすとすでにランク数が
2x2で4つとなってしまうので、まだ2つソケットが余っていてもしそこに挿しても認識しない
ということになります。

4つのソケットすべてに装着する予定がある場合はシングルランクを選ぶ必要があります。
デュアルの利点は、一方のラインが書き込み中でももう一方のラインにはアクセスできるので
少しだけ早い処理が期待できます。


nice!(1)  コメント(0) 

ネットリストの無いパターン設計には [EXCEL Macro]

顧客のPDFによる部品表や回路図CADから出力されたBOMの場合でネットリストが無い場合は
パターン設計のラフレイアウトすらできないでしょう。
しかし、EXCELなどで記載する項目の順序を決めておけば、そこにデータを貼り付ければ
EXCELマクロでネットリストの部品情報部分は作成できます。

そのネットリストの部品情報部分だけでも基板CADのフットプリントのデータベースとの
比較で型番の差し替えが可能なEXCELマクロを準備しています。

これで基板CADで部品(フットプリント)を配置すればラフレイアウトまでの手順は問題なく
処理可能です。
(但し、接続情報はないのでラッツネストはありません。)

手動でパターンを引いて後は逆ネットで処理することになります。
(但し、回路図との検図は必要です。)

通常のパターン設計を考慮して作成したマクロですがネットリストが存在しないパターン
設計にも利用できることを、このマクロを使用されている知り合いから教えて貰いました。


nice!(0)  コメント(0) 

ネットリスト比較マクロの修正2 [EXCEL Macro]

2つのネットリストを比較して背景色を変えるだけではなくて
実際にどこが異なっているかを文字列の色を黒から赤や青に変えるマクロを
作成しました。
また、これまでフットプリントの左側を基準にして処理してきたのでそれが右側に
含まれるかという処理でした。
しかし、頭に何文字が余計な文字があると含まれないという結果が返ってきます。
そこで頭から1文字ずつカットして検索するようにしました。
右からも順次カットして検索するの1列の文字列を処理するのにも複数回のループと
なります。

画像はわかりやすいように変化した部分を集めて編集した都合で
行番号は昇順にはなっておりませんので、その点はご了承ください。

Net_Net_Comp_AB2.png

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ソリッドワークスファイルの3D部品の配置 [AD15]

AD15.1よりソリッドワークスの部品である生ファイル*.sldprtがこれまでの
STEPファイルの配置をするように使用できます。
ソリッドワークスは毎年ファイル形式の内部構造が少しだけ変えて互換性が
ありません。
2015年までの形式のソリッドワークスファイルということになっています。

詳しくはこちらをご覧ください。

また、これ以外にパラソリッド形式にも対応しています。
パラソリッド形式も互換性が多いファイル形式なので他の3DCADから出力
するには便利なファイル形式です。

nice!(2)  コメント(0) 

ネットリスト比較マクロの修正 [EXCEL Macro]

基板設計の序盤と終盤にはネットリストを比較することが多いのでしょうが
それは接続情報だけという方が多いでしょう。

しかし、ミスが発生しやすいのはCAD自身でチェックできる接続情報よりも
PCB側のフットプリントなどの型番の情報とSCHやBOM側の型番の情報との
違いでしょう。

Footprint1とFootprint2の違いの部分をEXCELのセルの背景の色を変えています。
CRでの違いは緑色でそれ以外の違いはピンク色にしています。

***(ORG)の部分は元々のデータを置換テーブルで置換して比較していて
変化し過ぎてオリジナルがわからない場合もその項目で理解できるようにしています。

Net_Net_Comp_AB.jpg

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

IGBT [Devices]

時々、表面実装タイプのIGBTを使用することがあります。

近頃はトライアックやサイリスタという言葉を聴きません。
電圧が低い時にスイッチングするゼロクロスという言葉が今では
懐かしいです。
その代わりにPOWER-MOSFETやIGBTなどを使用した回路設計に変わっているのでしょう。

いつの間にか大きな電流をスイッチングできるようになっているのでスイッチング電源も
安価になってきたのでしょう。


nice!(2)  コメント(0) 

日産の「可変圧縮比エンジン」 [Technology]

バイクや車好きの方にはエンジンの圧縮比という言葉を聞いたことがあるでしょう。
日産ではその圧縮比を可変できるエンジンを開発されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00010003-norimono-bus_all

通常は丈夫でストレートなコンロッドでピストンとクランクシャフトを接続している
ので圧縮比を変えられること自体がすごいことです。
その構造図を見るとコンロッドが膝のような構造となっています。
これなら可変は可能でしょうがコントロールがかなり難しそうです。

こういう発想をしたこと事態に拍手をしたいです。
EV化の進んでいる中で、従来の内燃機関の開発を継続させた上層部の判断にも
考えさせられるものがあります。


nice!(0)  コメント(0) 

クックパッドとクラシル [ETC]

一斉を風靡したクックパッドですが大きな会社になり経営方針でももめて
いましたが今はどうなのでしょうか。

私自身は料理は趣味程度なので年に1-2度程度の利用です。
しかし、静止画からクラシルのように動画に特化したサイトも登場しているので
うかうかしてられません。

これ以外にも「DELISH KITCHEN」というサイトもあります。
以前の状況からすると料理を短い動画で説明してくれるサイトが登場するとは
想像もできません。
IT業界は進化が激しいのでビジネスモデルも劇的に変化してしまいます。

基板設計業界はどうこういいながらも旧態依然のように感じますが
新しい風は登場しないのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 

節水ノズル [ETC]

TVで何度か紹介されている「節水ノズル」
メンテナンスが必要なようなので現状では業務用に数万円で販売されているようです。
https://ene-mane.com/services/bubble90/
水道代が大幅に節約できるのでこの価格でも償却できるのでしょう。

外食産業のチェーン店などで一括でこのタイプに変更することもあるそうです。

穴が4つあるのが一般的なもので6つや10個の場合は節水には不利ですがバブルの
洗浄力があるなどのメリットもあるのでしょう。

複数の特許で守られているのでこのまねをするのは難しそうです。
使用頻度の高いインフラですがまだこういった技術革新の可能性があるというのは
勉強や発想のヒントになります。


nice!(0)  コメント(0) 

ヨーグルトメーカー Part.2 [ETC]

最初から明治ヨーグルトR1だけを種菌として作ってきました。
一度だけ8時間以上掛けても牛乳が固まらないことがあったので作り方に
一部修正をしました。

1.ヨーグルトメーカーに入れる前の予備として種菌と牛乳は一緒にして
 暖めず、牛乳だけを温める。

2.種菌を牛乳に入れた後であまり混ぜない。

3.種菌としては固体タイプよりは飲むヨーグルトタイプを使用する。

これらの理由を述べてみます。

種菌は牛乳の6%程度という少数派なので最初から牛乳と均一に混ぜてしまうと
その牛乳の条件が良くないとそれで種菌が死んでしまうかもしれません。
すでに液体化している飲むヨーグルトタイプの半分程度を500ccの牛乳にそっと
入れる。
ヨーグルトメーカーは機器の下側にヒーターがあるようなので底に沈んだ種菌は
対流でじんわりと牛乳と混ざるでしょう。
また最初は種菌がコロニー状になっていて増殖しながらブラウン運動などで広がって
いくことに期待しています。
カッテージチーズは酢を入れると固まりますが、ヨーグルトも牛乳の酸性が益す
後半で急に固まり始めるようです。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

リサイクルからしても [ETC]

中国地方のローカルTV番組でリサイクルに関することについて放送していました。
冷蔵庫などの複数のプラスチックを使用しているものも比重などを利用して
分離してそれをメーカーに原料として納品されていました。

その中で製造工場や生産工場からのスクラップが少ないという言葉がありました。
大手ほど海外に進出しているのでその影響は大きいでしょう。

こういう流れになってしまうと恐らくそれだけではなく設計も海外の現地での
設計にある程度は切り替わっていっている部分もあるでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

EXCELのセル内の文字色を部分的に [EXCEL Macro]

文字検索した結果などでどこまでが合致しているかのマクロなどでは
セル内の文字の色を部分的に変えた方がわかりやすいでしょう。

部分一致していることはわかっていてもどこからどこまでがあっているかの
マクロは作成するのは面倒で事前調査しています。

セル内の文字のA文字目からB文字分の色を赤色に設定するという場合は下記のように
なります。

***.Characters(Start:=A, Length:=B).Font.ColorIndex = 3

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

メガソフトのソフトウェア [Computer]

以前はFAXソフトウェアなどでよく利用していたメガソフト社。
最後に購入したのは3DCADの勉強として「3Dマイフォームデザイナー」です。
http://www.megasoft.co.jp/products/

現在もまだ「STARFAX」や「MIFES」が健在のようです。

どちらかというと3D関連のソフトウェアが多いように感じます。
この中で気になったのが3D工事イラストワークスです。
http://www.megasoft.co.jp/3dillustrationworks/

わかりにくい手順を3Dのイラストで工事手順を示すというのは
工事現場の作業員にとってはありがたいことでしょう。

他の3D関連のソフトウェアも現場の状況を理解しやすいという面では
一緒のようです。


nice!(2)  コメント(0) 

トポロジーについて [PCB Design]

基板業界では自動配線ルーターなどでトポロジーという言葉を耳にします。
3DCAD業界でもトポロジー最適化という言葉もあります。

トポロジーについて調べると立体形状の個々の位置関係ということになるようです。
日本語では「位相幾何学」となるようでメビウスの帯もその一種となります。
ある形状を連続変形しても保たれる性質に焦点を当てたもののようです。
複雑な形状をコンパクトに表現することも重要なのでしょう。

自動配線ルーターではこの概念をどう利用しているのかわかりにくいです。
将棋の山崩しゲームで個々の駒の位置関係が一つ取り去る毎に位置と条件が変化して
いくことと考えれば理解できそうです。

3DCADによるトポロジーの最適化に関してはこちらに記事がありました。
有限要素法のように三角形の安定した構造物に集約していっているようです。


nice!(0)  コメント(0) 

3DCADのデメリット [3DCAD]

メリットは形状がわかりやすいとか事前検討ができるという点ですが
デメリットについてはあまり触れられません。
それを箇条書きにしてみます。

1.2DCADと比べると操作系が異なるので習得に時間が掛かる。
2.ソフトウェアのトラブルで業務が滞ることが有り得る。
3.自分で形状を想像したり考える能力が低下してしまう。
4.流用設計が可能なため新規設計能力が低下する。
5.3D化後は寸法を表示しないのでスケール感がつかみにくい。
6.ソフトウェアが高額なために維持費や更新などに苦慮する。

以上のデメリットはありますが、オペレータ側としては設計ミスが減るので
元には戻れないでしょう。

nice!(1)  コメント(0) 

権利証制度が廃止されデジタル化 [ETC]

相続の関係で土地建物の所有権移転登記を自分でしました。
これまでのように権利書(アパートなどの契約書のような形式の書類)が
平成17年に施行された新不動産登記法で「登記識別情報」となりました。
法務局で受け取った時点ではそういった情報を持っていなかったので驚いて
しまいました。

つまり、登記の住所ごとに書類が存在しその下を織り込んでそこにミシン目で
袋とじされており、パスワードに相当する「登記識別情報」が記載されています。

しかし、こうなる前の過渡期では申請時点で感熱用紙に印刷したせいで作成された
権利書が申請書副本となった後で文字が消えるなどの不具合もあったようです。
それよりも前は活版印刷や手書きだったのでこのようなことはありませんでした。

このように登記事務のオンライン化がされた後は、不動産の所有権移転の申請するときには
その登記識別情報の提供をしなければなりません。
このようなデジタル化はありがたいような怖いような複雑な気持ちになります。

これまでの権利書は現在でも有効ですが相続などの名義変更(所有権移転)でこのような
「登記識別情報」に変わります。



nice!(0)  コメント(0) 

ヨーグルトメーカー [ETC]

通常はブルガリアヨーグルトLG81プレーンの450gを食べていますが
冬になるとインフルエンザ予防になるということで明治R1を時々購入しています。
しかし、小さい割には価格はそれなりなので何個もいう訳にはいきませんでした。
そこで思い切ってこちらのヨーグルトメーカーを購入しました。

500ccや1000ccの容器をそのまま格納するタイプです。
時間と消費量の絡みもあるので500ccでしか使っていません。

以下その作り方です。
1.牛乳500cc入り容器を電子レンジ500Wで2分弱暖め、開ける前に振っておく。
2.種菌とする明治R1を混ぜそのの半分を小さいスプーンで小まめに容器に入れる。
3.殺菌した箸などで牛乳の全体を掻き混ぜる。
4.ヨーグルトメーカーの温度を43度に設定し、設定時間を8Hとする。
5.冬の場合は周囲温度が25度程度になる部屋に置いた方がいいでしょう。
6.およそ7-8時間ぐらいで出来上がります。
7.冷蔵庫に入れて発酵を停止させる。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

DesignSpark Mechanicalのファイル [3DCAD]

以前にも「DesignSpark Mechanical」がSTEPファイルをインポート可能なのには
触れました。

こちらの情報によればSTEPファイルのエクスポートも可能なようです。
http://help.spaceclaim.com/dsm/2.0/ja/Importing_and_exporting.htm

IDFのインポートが可能なのにも気がつきました。
(ファイル名を書き換える必要があるかもしれません。)

これであれば基板設計CADからの情報を読み込んで「DesignSpark Mechanical」の
3D部品への差し替えが可能です。
これをSTEPファイルで吐き出せれば通常の業務には使えるという意味でもあります。

「DesignSpark Mechanical」は自身がそれほと使用していないので使い勝手がどうかは
はっきり述べられません。


nice!(0)  コメント(0)