So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

エプソンのプリンターのビジネスモデル [Computer]

これまで廉価なプリンターに高価なインクカートリッジを交換しているというものでした。
日本製の信頼度のあるプリントヘッドが裏目で新興国では大型インクタンクを搭載した
モデルに改造して再販売しています。

エプソンはそれに歯止めをすべく純正の大型インクタンク(エコタンク)を搭載したモデルを
発売しています。
吉田羊さんのCMがそれです。

エコタンクの流れはエプソンだけではなくライバルのキャノンでもその製品が発売されて
いるようです。

プリンターのインクカートリッジはこれはでは系統が無視された感じがありました。
インク補充タイプであれば多少はそういう面が解消されるのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 

打ち合わせ用デスク2 [Hobby]

以前の記事で、50x75cmぐらいのローテーブルの天板だけを利用としていましたが
今もそれを使用しています。

それは近所のホームセンターで購入したものです。
ニトリの家具には無さそうでしたが、日用品があるフロアーに折りたたみテーブルを
扱っているのを見つけました。
こちらがその折りたたみテーブルです。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8760841?ptr=item

60cmx60cmではありますが打ち合わせようにはいいサイズです。
お店では見かけませんでしたがうちで使っているのと同じ50x75cmサイズも
こちらに存在しているようです。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/8760844s?rc=set&ptr=item
メーカーは違うのでしょうが角の形も、うちのものと一緒です。
価格はこちらの方が1000円程度安くなっています。


nice!(0)  コメント(0) 

NEXUSの存在意義は [Altium NEXUS]

なぜPCBCADとしてハイエンドの「NEXUS」をリリースする意味を勝手に考えてみました。

基板設計者側としてはまだ馴染みのない「SolidWorks PCB」ですが「SolidWorks」と
同様に毎年、11月、12月ぐらいにリリースされます。
という訳で現在の最新版は「SolidWorks PCB 2018」です。

「SolidWorks」は年にSP0~SP4(SP5)ぐらいの修正が入りるのでそれに伴った
修正が「SolidWorks PCB」にもあるのでしょう。

この作業は大変でしょうがAltium社としては経理的には安泰でしょう。
しかし「SolidWorks」自体がミッドレンジなのでどうしてもPCBとしてはハイエンドとは
いえません。

そしてソリッドワークス社とは関係なく単独で「SolidWorks PCB」つまり「Altium Designer」
とは違ったソフトウェアを開発したいという考えが浮んでもおかしくありません。



nice!(0)  コメント(0) 

AD18.0.7 (build 293) Beta1の評価は

知り合いの基板設計者がBeta1を評価されています。
(以前に代理店のカスタマサポートをされていた方なのでAltium社からの依頼という
ことなのでしょう。)

それによればメニューの色合いは以前とは違うものの機能自体は以前と殆ど同じと
いうことでした。
しかし、更に深い部分ではこれまでとは違う処理をするので画面の左側など違う場所に
飛んでいってしまうので具体的な設定値やチェックボックスを探すのに苦労するようです。

こういう場合はショートカットキーで対応すればいいのでしょうか。
これまではバージョンの違いによる微妙なコマンドの変化はスクリプトで処理していましたが
今後もそれで対応できるのか少し心配です。


nice!(0)  コメント(0) 

ブレイブ 勇敢なる者「硬骨エンジニア」を見て [ETC]

勤労感謝の日にNHKで放送されたブレイブ 勇敢なる者「硬骨エンジニア」は放送前に
知っていたので録画して置きました。

フラッシュメモリーについての説明は素人にもわかりやすいものでした。
着目したのは元東芝社員・舛岡富士雄さんとその部下の関係性でした。
またその上司の存在も重要でした。

これまでの私の経験でも人と違った発想をする設計者は性格がきつい場合が多いので
その部下は大変です。
またその上司もそれを知って肝要な気持ちで使わないといけないと感じていました。

しかし、優秀は技術者は独立して一人になってしまうと周りの作業をしてくれたりする
人がいなくなるので実力を発揮できないようです。


nice!(0)  コメント(0) 

予備のモニター [Computer]

TVチューナ付きモニターの別の候補を調べてみましたが
ベゼルが小さく高額なものしか存在していないようです。

現在も8画面構成のままですが、これからどれかが故障したら様子が変わってしまいます。
以前購入したBenQ製モニターを調べてみましたが現在は取り扱いが無いようです。
しかし、TVモニターを併用するにはスピーカーの音質の関係で外付けとなるでしょう。
外付けの場合はモニターとスピーカーを連動するために両者の電源をテーブルタップなどで
同時にオンするなどの手段を講じないといけないのが面倒です。

似たような後継機種を予備機として購入しておかないといけないかもしれません。
仕事で使用しているとどうしても納期があるので突然の故障で納期が遅れるのも
自営業の場合は死活問題で許されません。
パソコンやプリンター関連では予備機や予備のサプライ用品の準備が必要です。


nice!(1)  コメント(0) 

AD18.0とNEXUSのベータ版リリース [Altium NEXUS]

こちらの記事によれば
11月2日にAD18.0.7 (build 293) Beta 1がリリース
同日にNEXUS 1.0.7 (build 36) Beta 1がリリースされたようです。

http://www.altium.com/documentation/18.0/display/ADES/New+in+Altium+Designer

リリース日が一緒なので開発は同時進行しているのでしょうか。
DLLの一部が同じなのかもしれませんね。


nice!(0)  コメント(0) 

AD18のカタログのスピードアップの件 [AD18]

AD18とAD16を比較する部分でガーバー出力時の速さに着目しました。
出力時にアドバンス機能の一番下の「Other」の部分でDRC(*.RULファイル生成)を
チェックしている場合は、それでも速くなるという意味でしょう。

以前から*.RULファイルは何か気になっていましたがやっとそれがDRCの結果だと
わかりました。

PCBCADでの設計結果がそのままガーバーデータになるかどうかは内部処理次第なので
確かに気になる点です。

以前にPCADでは微小円弧のミアンダ配線が直線にされてしまったことがあるので
こういう機能はありがたいです。



nice!(1)  コメント(0) 

デスクマット [ETC]

デスクマットが欲しかったのですが文房具店では扱いがなくて、ニトリでこちらの
半透明なものを見つけましたが在庫がないので現品を購入しました。

ざらざら感もあってマウス操作も保障しています。
前出の記事のメラミン樹脂天板のテーブルの保護としての利用なのでマウスは使いません。
https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/6720124?ptr=item

透明なのは苦手なのでざらざらに処理することによって半透明になっているので
お気に入りです。

以前に使用していたのも半透明のシリコン風でしたが長年使用しているとくすんで
きていたので、部屋のレイアウト変更時に廃棄しまいした。


nice!(0)  コメント(0) 

BDXLディスク [Computer]

BDXL3層の100Gbyteディスクも300円台になったのでこちらのものを購入していました。

しかし、「Cyberlink Media Suite10」では書き込めないようでした。
仕方無くフリーソフトウェアの「BurnAware Free」を試してみました。
しかし、こちらでも書き込めませんでした。

ディスクの問題なのかと思ってパナソニック性のHDDレコーダ「DMR-BWT560」で番組を保存して
みましたが特に問題なく動作しました。

「B's Recorder14」を購入して試してみましたがメディアを認識していないような動作でした。
別のパソコンのBD-Rドライブでも試してみましたがにたように認識してくれないようです。

パソコンで動作する3種類のソフトウェアでは動作しないというのはメディアがシビアなので
しょうか。


nice!(1)  コメント(0) 

液晶ディスプレイの故障 [Computer]

こちらの24インチディスプレイのTVチューナ部が故障したようです。

横に同じ型番のディスプレイがあるのでそれと交換しました。
そちらはPC作業時の画面に焼き付きがあったものです。
交換してTVチューナとしての動作としてはそのような焼き付きは見られませんでした。

ここまではウィンウィンの関係のようには思えますが、故障した方をPC作業に使用していると
長時間使用しないでスクリーンセーバーで動作した時に復帰しない現象が発生しています。
黒い画面になっていたので不具合があるのかもしれません。



nice!(1)  コメント(0) 

アクセス数の多い記事 [Blog]

最近になってカテゴリー分けしたフットプリント関連の記事へのアクセスが多く
具体的な型番SOT223-5などの記事に興味があるようです。

弊社では基板用のフットプリント管理だけではなくて
3DCAD用や雛形用の形状にも一般的な型番で管理する必要があるので
形状を細かくわかる型番が必要です。

メーカーによって呼び名が変わる場合もあったり
細かく分類してくれているメーカーも企業合併などで減ってきていて
調べにくくなってきています。



nice!(0)  コメント(0) 

ソファかイスか [ETC]

前回の記事と関連し、仕事部屋の模様変えの流れで椅子も新たに購入しました。
ソファーを置くとレイアウト変更が大変で、石油ファンヒーターの配置場所を
考慮するとその温熱の流れから冬期はソファー自体を置けないだろうというのが
結論となりました。
これが狭い部屋を活用したSOHOならではの問題点です。

発想を変えてリクライニングできる椅子を購入しました。2つは会社の経費で残りの
2つは個人費用ということで4つを購入。
通常は2つでお客さんに対応できます。背もたれは前側に折って上に積み重ねることも
可能なので、通常は残りの2つはそうして場所を稼いでいます。
他の椅子は実際にはスツールを利用しています。高さは足を切ったりしてどれも同じ高さ
となるようにしているので軽いスツールはオットマンとして使ったりします。

ソファのようにするには4つを横に並べれば、見た目もそれなりの状態になりました。
色々なレイアウトにも対応して移動も簡単なようにしないと狭い部屋で仕事をする分には
大変です。

ソファーベットも以前は使用していたので今回も頭には浮かんだのですが掛け布団などの
配置場所などを考慮し、断念してしまいました。
生活観の無い部屋になりましたが来客者に余計なものを見せなくていいので納得しています。



nice!(0)  コメント(0) 

納期優先すると [PCB Design]

回路図の設計が遅れた流れで基板設計の納期も厳しく依頼されることがあります。
こういう場合は回路図修正が入ることがあるので納期優先や督促をあれる場合は
敢えてのんびりと設計するようにしています。

後からその仕事の流れを見直すと通常よりは時間が掛かってしまっていたことが
多いからです。

川下だからといっても作業時間を縮めても一割程度です。
それによってミスが発生する場合もあるので結局は通常のペースを守った方が
安全です。


nice!(1)  コメント(0) 

打ち合わせ用デスク [ETC]

大手家具店などを回っても2人で打ち合わせするぐらいの小さなテーブルは少ないかまたは
扱っていないようです。

50x75cmぐらいのサイズが小さな打ち合わせテーブルのサイズとしては一番落ち着きます。
これぐらいのサイズはローテーブルとしては存在しています。
その足を外して天板だけを利用します。

30x40cmぐらいのサイトワゴンを2つ連結して40x60cmとします。
それに50x75cmの天板を置けば打ち合わせテーブルの出来上がりです。
サイドワゴンの引き出し側は自分側に、裏側はお客さん側になりますがその裏側が雑な
作りの場合は化粧パネルを貼るなどの追加作業が必要です。

この手のものは後から変更したい場合もあるのですぐに固定しないで様子見することも
大事です。


nice!(0)  コメント(0) 

メロンの食べ方 [Gardening]

できれば夏の記事にしたいところですが、秋の収穫だったのでこのような
時期の記事となっています。
前の記事の追記のような内容です。

メロンは収穫して3-5日ほど常温で熟成し
それ以降は冷凍保存し1日後または1週間以内に食します。

お持ちしたものはすでに収穫して3日ぐらい経っているので
すぐに食べることが可能です。

緑の袋に入っているいるものは恐らく甘いと思います。
茶色の袋に入っている方は葉の影に隠れていた為に
栽培日数が不明なので甘さ不足かもしれません。

そういう場合はパイナップルの缶詰をシロップごとミキサーで
混ぜてミックスジュースにするか、更に牛乳を少し加えて混ぜ
凍らせてシャーベットにするといいです。



nice!(0)  コメント(0) 

メロンの収穫 [Gardening]

ブログの内容とは少し趣が異なりますが趣味のメロン栽培の収穫を迎えました。
4-5月ぐらいから栽培していたものは自作栽培用土作りに失敗したようで早めに断念しました。
7月に再度、種から栽培し直しました。
今度は上手くいって8月末に着果し10月末に収穫しました。
プランター栽培なので用土作りよりも深さの調整が重要なようです。
鉢底石の変わりにアーチ状のレンガのようなもをを置いて嵩上げしました。
これで根腐れの防止になったようでそういう症状での中途リタイアはありませんでした。

メロンの積算温度は約1200度ぐらいですが
それは平均温度22度x55日で1210度となりますが後半は夏ではなくて秋なので
20度x60日で1200度を確保しました。

GARDENING401.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マウスパッドの再利用 [ETC]

ウェットスーツ時の布が貼り付けたタイプのマウスパッドをずっと使用しています。
これ以外も試しましたが、CADでの利用では前者のマウスパッド使用は譲れません。

しかし、布地なので汚れてしまいます。
アルコール系で掃除しますが何度も繰り返すと貼り付けている糊との化学反応なのが
めくれてきます。
以前はこの布を剥がして左ひじの下に敷くパッドとして利用していることを記事にしました。

これ以外の利用方法としてはコースターとしての再利用です。
同様に布を剥がした状態でそれを半分にカッターで切ります。
これだとRが片側だけに付いているので反対側も挟みなどで似たようなRにカットします。
これで二人分ぐらいの長めのコースターができます。

打ち合わせなどでコーヒー2つぐらいが一つでカバーでき場所の節約になります。


nice!(0)  コメント(0) 

フットプリントの下書き [FootPrint]

単純なフットプリントはDelphiスクリプトで対応していますが
複雑になると色々なDelphiスクリプトを組み合わせても作りにくい場合があります。

そういう時は機構設計CADでパッドのセンターやパッドサイズなどを含んだ
すべてを下書きしてそれをDXFインポートしてそれにパッドなどを配置します。

後から下図は消すなどの処理をしています。
これとは別に3DCADで作図してSTEPファイルを作成しています。

つまり、規模の大きなフットプリントの場合は3つのCADを併用していることに
なります。
異なった日に作成することが多いので部品資料のPDFの図面も見落としに
別のCADで作図中に気が付くことが多いです。
同じ日に作成すると同じような勘違いがあるので別日というのは重要です。


nice!(2)  コメント(0) 

回路図を描かないでネットリストだけ [PCB Design]

基板設計には単純なコネクタ接続以外はネットリストが必要です。

しかし、パターン設計者の中には回路図を描かないで
テキストエディタでネットリストを作成して消し込みでチェックして
そのネットリストで対応する方もいらっしゃるようです。

自分の範囲の仕事さえ完結すればいいという考え方は苦手で費用や納期が迫っていても
手順は通常通り踏んで、面倒でも回路図を作成して処理しています。
回路図は有用でその修正やミスにも対応ができるので回路図は作成しても
無駄はないでしょう。

今までの経験では急ぎだからといって何らかの手順を飛び越えて処理した場合は
ミスが発生してしまう気がしています。



nice!(0)  コメント(0)