So-net無料ブログ作成

4ピンの部品のフットプリント Part.2 [Altium Delphi (E/J)]

このスクリプトは当初はSMDで考えていたのですが、スイッチなどではディスクリートの
場合も多いのでそれにも対応した方がいいと方針転換しました。

その場合はパッド形状は真円のみで、穴径の入力欄が必要となります。
パッドのY方向サイズの欄のテキストを変化させることで対応する予定です。
そのようなプログラミングはしたことがないのでどうなるか楽しみです。

スクリプトはすでに作成中なのですが、メニューが複雑なので6Pの場合はそれには対応できそうも
ありません。

LED付きスイッチなどでは6Pの場合がありますが、それは後から手動で追加することで対応
するか、位置や穴径を後で調整してもらうか思案中です。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。