So-net無料ブログ作成

4ピンの部品のフットプリント [Altium Delphi (E/J)]

比較的大きめのフットプリントとして4ピンのEMCラインフィルタや水晶振動子
などがあります。

簡単そうでこれまでのスクリプトが流用できそうですが、ピンの命名順序が違います。
左上が1として、上から1、2でまた左下に戻って3、4となるか
左上から下に1、2で循環するように3、4となる場合があります。
水晶振動子の場合は左下が1番で左周りになるので異なる順番になります。

これに水晶振動子は6ピンが存在するので4種類は必要になります。

また、リード線を描画する必要がある場合はそれが外形の端から存在するのか
ある間隔で存在するかで絵柄が変わります。

意外と複雑なメニューになりそうです。

4_6P_A.png4_6P_D.png
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。