So-net無料ブログ作成

部品エリア内のREF番号の検出 Part.5 [Altium VB Scripts(E/J)]

部品のシルク内にDesignatorのシルクを移動し忘れる場合をどう検出するかの話の続きです。

シルクレイヤのトラックばかりに注目していましたが、ディスクリートの電解コンデンサなど
円弧の場合もあります。
そこでトラックと円弧の両方で最小、最大値を計算する必要が出てきました。

最初にトラックだけでプログラミングして後から円弧も足せるような手法でプログラミング中です。

スクリプト自体はある程度は動作していますが、まだエラーリスト化のプログラミングまでは
到達していません。

Des_Rect_Pos5.png
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。