So-net無料ブログ作成

支給ネットリストの修正方法 [PCB Design]

回路設計者から支給されたネットリストをどう利用するかはパターン設計会社のスキルで
違ってくるでしょう。
どのような手法があるか分類してみました。

1.ネットリストをテキストエディタで部品表を見ながら自社のフットプリント用に手修正する。

2.を基板設計CADにフットプリントを仮配置してその部品情報だけをネットリストとして
 取り出してテキストエディタで接続情報部分と合成する。

3.部品表を修正し、VBAなどのソフトウェアでネットリストの部品情報とし、接続情報部分と
 テキストエディタで合成する。

4.ネットリストの型番部分を置換テーブルを作成してソフトウェアで差し替える。

弊社では以前はP-CADを使用していて2.番の手法と取っていました。
現在はAltium Designerにて4.番の手法を取っています。3.番の手法は稀に行います。
1.番の手法は原始的ですが、VBAにてネットリストエディタを作成しているので単純な機種では
使用しています。



ミスを減らすためには手修正ではなくなるべくソフトウェアに依存した方がいいでしょう。
チェックの工程でも目視以外にソフトウェアを作成して比較することにしています。

追記
部品表修正マクロ・スタンダード版でもクロスリファレンス化と同時にテレシス形式の
ネットリストを生成できるようにしました。
数日後にリリース予定です。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。