So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

高速OPAMP周辺の浮遊容量 [Altium Delphi Script]

高速OPAMPで特性が出ないので入力部分のランドから部品面および半田面のべたGNDを
1mm程度は離すように言われたことがあります。
ポリゴンカットアウトで対応していました。
高速OPAMPは入力インピーダンスが高いのでその近辺のノイズを増幅してしまうから
なのかと勝手に理解していました。

Stray_OP_Ex.png

しかし、トラ技SPにて浮遊容量が0.5PF程度でもf特性の高い部分で落ち込みがでるとの
記載がありました。
毎回、計算するのが面倒なので単純に向き合った導体同士のコンデンサとして計算する
スクリプトを作成してみました。
0.6mmx1.5mmのランドの面積は0.9平方mmということで計算してみると0.022PFでした。
書籍に書かれているものに比べて一桁少ない値でしたが、実際には影響はでなくなり
改善しているのでこの値でも影響がでるのでしょう。
部品面は銅箔厚が断面積となるので部品面のべたの影響は少ないのかもしれません。

Stray_C_Scr.png



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。