So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

マイクロストリップラインの切り欠き率の続き [Altium Delphi Script]

Altium社のマイクロストリップラインの切り欠き率にはインサイド部分にも数値を入力する
ことが可能です。

通常は使用しないでしょうが、顧客によっては幅W部分を切り欠いた45度の部分でも維持したい
と言われる場合もあるでしょう。

それに対応するためにスクリプトにインサイド部分の切り欠き率をWを維持するように
計算できるようにしました。

以前のカット幅x(mm)は直接的に理解しにくいので削除しました。
その代わりに配置したD-x(mm)は、処理前のパターン幅です。
これはWより小さい値になっているので、これをWに戻すための比率がCriです。

パターン幅が狭い場合は、Criが100%を超える場合があります。
Altium Designer側では100%以上の設定はできません。
どうしてもコーナーでもWの幅を維持したい場合はCriを100%で処理した後で手動で
ポリ・リージョンを修正するしかないでしょう。

Chamfer_Rate_Scr2.png


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。