So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

インターネット上でのガーバーデータのチェック [PCB Design]

P板.COMのこちらのサイトではガーバーデータをアップロードしてクラウド上で
チェックが可能なサービスを始めたようです。

https://www.p-ban.com/kiban/com/csComEntDrc.do

修正はガーバーデータ編集になるので、恐らくその作業はしてくれないのでしょう。
メール送付した後で、エラーが戻ってきたというメールを顧客から貰うこともあるので
ガーバーエディタをお持ちでない基板設計者はこういうサービスも便利です。

その中で登場する「L/S」は「Line & Space」という意味で両者のクリアランスのことです。

http://www.pbfree.jp/topics/w-081/



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。