So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

STEP化のより具体的な見積もり Part.3 [ALTIUM DESIGNER]

Altiumから生成したシンプルBOMをEXCELマクロにて整理して型番とREF番号の2列にすることで
次のマクロの前処理とします。

作業時間から見積りをするのですが、15分単位を基本として計算することにしました。
簡単なものは15分ぐらいでできるのでそれを1単位とします。
コネクタなどは難しいので4単位つまり60分で仕上げるということになります。
それ以上の時間を掛けて形状を作りこむことはしないのでこの4単位で十分です。

自社のSTEPファイルのデータベースから別のEXCELマクロで有無を調べます。
既に存在しているものは0単位とし、無いものは取り合えず1単位とします。

次にREF番号を参考にして下図のように重み付けして2-4に変化させます。
後は単位を合計して1単位の価格(弊社では1,000円)を掛けて合計します。
これに管理費や別の費用を足して見積りとしますがこれは別途計算することになります。

この考え方は基板設計時にも使えますが、ある程度は具体的にならないとREF番号などが
出力できないのでSCHと併用しないといけないでしょう。

STEP_Case_CNJ.png

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。