So-net無料ブログ作成

トポロジーについて [PCB Design(J)]

基板業界では自動配線ルーターなどでトポロジーという言葉を耳にします。
3DCAD業界でもトポロジー最適化という言葉もあります。

トポロジーについて調べると立体形状の個々の位置関係ということになるようです。
日本語では「位相幾何学」となるようでメビウスの帯もその一種となります。
ある形状を連続変形しても保たれる性質に焦点を当てたもののようです。
複雑な形状をコンパクトに表現することも重要なのでしょう。

自動配線ルーターではこの概念をどう利用しているのかわかりにくいです。
将棋の山崩しゲームで個々の駒の位置関係が一つ取り去る毎に位置と条件が変化して
いくことと考えれば理解できそうです。

3DCADによるトポロジーの最適化に関してはこちらに記事がありました。
有限要素法のように三角形の安定した構造物に集約していっているようです。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。