So-net無料ブログ作成

権利証制度が廃止されデジタル化 [ETC (J)]

相続の関係で土地建物の所有権移転登記を自分でしました。
これまでのように権利書(アパートなどの契約書のような形式の書類)が
平成17年に施行された新不動産登記法で「登記識別情報」となりました。
法務局で受け取った時点ではそういった情報を持っていなかったので驚いて
しまいました。

つまり、登記の住所ごとに書類が存在しその下を織り込んでそこにミシン目で
袋とじされており、パスワードに相当する「登記識別情報」が記載されています。

しかし、こうなる前の過渡期では申請時点で感熱用紙に印刷したせいで作成された
権利書が申請書副本となった後で文字が消えるなどの不具合もあったようです。
それよりも前は活版印刷や手書きだったのでこのようなことはありませんでした。

このように登記事務のオンライン化がされた後は、不動産の所有権移転の申請するときには
その登記識別情報の提供をしなければなりません。
このようなデジタル化はありがたいような怖いような複雑な気持ちになります。

これまでの権利書は現在でも有効ですが相続などの名義変更(所有権移転)でこのような
「登記識別情報」に変わります。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。