So-net無料ブログ作成
テクノロジー ブログトップ
前の20件 | -

タッチパネルの触感 [テクノロジー]

スマホなどの液晶パネルをタッチした場合にキーボードのようにどう押した触感を
フィードバックしているのか、または方法があるのか調べてみました。

1.圧電アクチュエータなどを使って液晶タッチパネルを振動させる。

2.液晶タッチパネルを帯電させて一時的に吸着力を持たせる。

3.指先に電気的な刺激を与える。

フラットなパネルであってもこのような方法があるのに感心しました。
以下、参考にしたサイトです。

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2014/02/24.html
http://www.uec.ac.jp/research/information/column/23/index.html


nice!(0)  コメント(0) 

3D実装デバイス MIPTEC [テクノロジー]

3Dと基板というキーワードで検索中にヒットしたのがこちらのパナソニックのテクノロジーです。

https://www3.panasonic.biz/ac/j/tech/mid/miptec/index.jsp

プラスチック製の成型品にパターンを形成できる技術です。
この技術をどう使うかを考える方が大変そうです。

ギャップは50ミクロンまで対応可能なようです。
製造価格面も考えるとセンサーなどの用途でないと採算が取れないでしょう。
ルービックキューブ状にしてその位置の変形で機能も変化する機器ができそうです。


nice!(2)  コメント(0) 

腕時計の中の基板 [テクノロジー]

基板設計をしていても腕時計の中のような小さくで複雑にカットされた基板を
見る事も設計することもありませんでした。

こちらの記事にはシチズン製の腕時計の中に使用されている基板の写真が掲載されて
います。

http://ascii.jp/elem/000/001/662/1662088/?pickup=3

これだけ小さい基板なのに複雑なカットアウトと接点があるのに驚かされます。
表示も機構部分もアナログですが基板部分はデジタル回路といっていいでしょう。

ムーブメントがあるのに基板があって込みあっているのに通常のサイズに収まっています。


nice!(0)  コメント(0) 

ブロックチェーン [テクノロジー]

仮想通過の演算などで聞くことの多い「ブロックチェーン」ですがこちらに詳しい説明があります。

https://www.watch.impress.co.jp/topics/baasid1803/

ブロックチェーンはP2Pの仕組みを活かしたデータが一定のタイミングで内容が固定される「台帳」
とのことでした。
貸借対象表による経理処理とその残高の次年度への引継ぎの各年度の連続と似ていると感じました。

一部分を改ざんするために大企業の会社創設時期から連結子会社まで含んで日々矛盾無く経理処理して
各年度の決算にも矛盾をださない処理を一瞬に演算するのは無理でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

グーグルアース内の人と車 [テクノロジー]

以前は駐車している車は立体化されていましたが、動いている車はいないように
なっていました。
都心の場合は交差点内の車もうっすらではありますが立体化されている場合があります。
信号待ちの車の場合も同様です。
以前とは処理方法を変えたように感じています。

ディズニーランド内ではイベント見学などで留まっている人も立体化されています。
衛星画像からの映像で処理するには短時間に複数枚の撮影をしないとこういう処理は
難しいでしょう。

建物などはストリートビューからの映像を使ってテクスチャーマッピングしているのかと思って
いましたが、そこにいる筈の車が3Dではなかったりとかしているのでそうではなさそうです。
ワンボックスカーの後のドアを開けて荷物を降ろしている車も上手く表現されているので
その技術に驚かされます。


nice!(0)  コメント(0) 

自動運転用のライダー [テクノロジー]

自動車の自動運転を目指すには「3次元レーザーレーダー」で全方位をチェックしながら
走行する目の変わりなので不可欠なキーデバイスです。

その中で米ベロダイン社のLIDARが一番先行しているようです。
http://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/00183/
そういえば以前はタクシーの行灯のようにルーフで回転していましたが最近のものは
外からは回転しているようには見えないようです。

トヨタの人工知能などの研究開発を行なう子会社TRI社の実験車が採用したLiDARは
米Luminar社製だそうで、ベロダイン社の製品に比べて測定距離が長く、解像度が高いそうです。

量産効果で100ドルぐらいを目指すそうですが現状では高額です。
日本ではパイオニアなども自動運転用の地図を作成し、自動車メーカーに供給していますが
こういったキーデバイスの開発をしている話は、まだ聞いたことがありません。


nice!(0)  コメント(0) 

Google社の72量子ビットの量子プロセッサ [テクノロジー]

量子コンピュータに使用する量子プロセッサなのでインテルではなくてGoogleなので
しょうか。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1803/07/news070.html

量子コンピュータは繰り返し処理に適した方法なのでこれからビッグデータ処理などでは
その実力を発揮してくれる時代がくるでしょう。

最近のニュースで理化学研究所などでも、新たな成果を発表していました。

https://www.jst.go.jp/pr/announce/20171219/index.html

常温ではなくてかなり冷却するような環境で動作するデバイスなのかも、自分ではよく理解
できておりません。


nice!(0)  コメント(0) 

マイニング用パソコン [テクノロジー]

中国ではマイニング用パソコンの製造が行われていてビットコイン禁止とは裏腹に
売れているようです。

日本でもNTT-Xからも10台限定で発売されています。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1109375.html

沢山のパソコンでないと意味がないのに10台限定でどうしようというのでしょうか。
電源ユニットを都合で外に配置しようという発想は自分でもしていますが市販品で
それをやるのは無茶な仕様ですね。

やはりネックとなるのは電気代とパソコンの冷却でしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

カプセル型内視鏡 [テクノロジー]

こちらにカプセル型内視鏡の図が掲載されています。

https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/event/1106816.html

複数の小基板とボタン型電池が搭載されています。
解像度はそのサイズからVGA止まりでした。

リジッドフレキで一体化製造されたものを折り曲げて上手くカプセルに
収納しているのが見て取れます。


nice!(0)  コメント(0) 

新たな冷却方法 [テクノロジー]

機器やデバイスの冷却方法も色々ありますがこちらの記事内で驚いたのは
「圧電性ふいご」という項目です。

セラロックなどの圧電素子の振動で風を作り出すという意味になります。
エプソン系のインクジェットプリントユニットも圧電素子なので空想の範疇とはいえない
でしょう。

圧電素子が耐えられる電力には限度があるので風のエネルギーとしては弱いでしょうから
使える用途は限られそうです。


nice!(1)  コメント(0) 

ミニロケットの開発 [テクノロジー]

久々にTBS系の番組「THE 世界遺産」で済州島の特集を見ていたらスポンサーがソニーから
キャノンに代わっているのを知りました。
調べたら、交代したのは3年ぐらい前のようですが意外でした。
キヤノンも放送機器やカメラを製造しているのでこのような番組は重要なのでしょう。

先日、発射に成功したミニロケットの開発をしている会社の一つがキヤノン電子で
今後は「新世代小型ロケット開発企画」として
和歌山県東牟婁郡串本町に民間初のロケット発射場を建設する予定のようです。
http://www.sankei.com/life/news/180126/lif1801260047-n1.html

この場所はトルコと日本の友好の発祥地のであり、エルトゥールル号が座礁事故を起こした
場所です。


nice!(1)  コメント(0) 

moeco製造工程ムービー [テクノロジー]

PCB ART moecoについての話で
Moecoは携帯電話ケースのことです。
http://www.moeco.jp.net/

それを製造する工程の動画はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=6BE2AiSPwRE

地下鉄電車の路線図などにLEDを実装した製品です。
東京駅などがそのLEDでひかります。

基板製造の現場の知識が少ない初心者にはこの動画も参考になるでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

次亜塩素酸による空間除菌脱臭機 [テクノロジー]

次亜塩素酸のスプレーなどを外出先から帰った時には全身に掛けて除菌することで
インフルエンザ予防としています。

次亜塩素酸を塩水から発生させるデバイス付きの空間除菌脱臭機がパナソニックから
発売されています。

http://panasonic.jp/ziaino/about.html

次亜塩素酸のスプレーは放置しておくと水になってしまうので在庫管理の面からなのか
市販品は意外と高額です。
次亜塩素酸自体が次という文字が付いているぐらいで不安定だからなのでしょう。
次亜塩素酸スプレー自体は沢山掛けると塩素の匂いがしますが塩素ほど不愉快ではありません。

電気分解でこれを安定的に発生させることができるのはありがたいことです。
消耗品の「塩タブレット」を購入してタンク内に供給するのだけが面倒です。


nice!(0)  コメント(0) 

ラジオゾンデの小型化 [テクノロジー]

以前にどこかの科学番組でラジオゾンデについてやっていて
小型化して気象関連の人工衛星を自前で持てない国ではこれが役に立っている
と聞いたことがあります。
一例はこちらです。
こちらが明星電気の製品のラインナップです。

小型化というのも重要らしく、バルーンに入れる気体も海外では高額となるので
なるべく少ない量で済むように小型化を希望されています。
画像検索するとこちらのようになります。

外部に出ているのが各種センサーだった筈です。
リアルタイムでデータ送信しているようですが上空の温度が低下している場所で
バッテリーを含めて電気回路が上手く動作しているのがすごい技術です。


nice!(0)  コメント(0) 

デジタルマイクロスコープ [テクノロジー]

デジタルマイクロスコープは光学顕微鏡に比べ被写界深度が深いのでピントの合う幅が
広いため広範囲で観察しやすくなるようです。

https://www.keyence.co.jp/products/microscope/digital-microscope/

時々、部品実装された基板の半田部分を拡大した画像などを見ますが
溶けていないクリーム半田のミクロの玉が見えたりすることがあります。

カラーで広範囲を見たい場合はこういったタイプの機器が必要なのでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

Skypeを開発したエストニア [テクノロジー]

知り合いとのやりとりは殆どをSkypeでしています。
メールでやりとりするには資料を作成しないといけない場合が多いのと
文章ではうまく説明をしにくい場合があるのでそういう場合に有用です。

バルト三国の一つのエストニア
エストニアという名前は他の二国と一緒に覚えていますがその国の位置関係までは
正直なところ覚えていません。
Skypeはこの小国のエストニアで開発されました。

九州ぐらいの大きさで小さな政府でIT化も掲げているのでSkypeなどのコミュニケーション
ツールの開発がされるのも理解はできます。

昔はDelphiでプログラミングされていたようです。
現在はマイクロソフトに買収され業務用も登場しています。


nice!(0)  コメント(0) 

日産の「可変圧縮比エンジン」 [テクノロジー]

バイクや車好きの方にはエンジンの圧縮比という言葉を聞いたことがあるでしょう。
日産ではその圧縮比を可変できるエンジンを開発されました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00010003-norimono-bus_all

通常は丈夫でストレートなコンロッドでピストンとクランクシャフトを接続している
ので圧縮比を変えられること自体がすごいことです。
その構造図を見るとコンロッドが膝のような構造となっています。
これなら可変は可能でしょうがコントロールがかなり難しそうです。

こういう発想をしたこと事態に拍手をしたいです。
EV化の進んでいる中で、従来の内燃機関の開発を継続させた上層部の判断にも
考えさせられるものがあります。


nice!(0)  コメント(0) 

量子コンピューターとスパコンの比較 [テクノロジー]

こちらに量子コンピューターとスパコンの比較をした記事がありました。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/19/quantum-computer-made-in-japan_a_23282410/

消費電力が少ないのは理解していましたがD-Wave社製がそれなりの消費電力だったのは
以外でした。
2019年にはスパコンに迫る組み合わせ数の予測となっています。

これとAIとの相乗効果が出てくると凄い進化となるでしょう。
数値演算はともかくグラフィック系はどういう風になっているのでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 

AI技術を活用した写真アルバム [テクノロジー]

フジフィルムからAI技術を活用して写真を整理してアルバムにするサービスをしています。
http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1151.html

多くの写真に顔の向きやサイズや写っている人数などから点数をつけて自動で選択と
面付けをしてそれをアルバムにしてくれます。
その作業を人ではなくてAIに任せています。

スマホやデジカメが進化して撮りためることが多くなっているので逆に絞込みが
大変ですが、これなら別の目線から一気に処理してくれるので違ったアルバムに
なるようです。



nice!(1)  コメント(0) 

次世代リチウム充電タイプの電池 [テクノロジー]

下記のサイトに東芝製の次世代リチウム電池に関する記事がありました。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/03/news111.html


電池の負極材に一般な黒鉛からその2倍の容量を持つチタンニオブ系酸化物を採用した
ことによって急速充電時で使用時の性能劣化や端子間ショートなども防げるように
なったそうです。

従来のリチウムイオン電池を搭載したコンパクトEVと比較して走行距離を3倍にまで
向上できているので2年後の実用化が楽しみです。

黒鉛はマンガン電池でも使用されていたので不思議ではありませんがそれがこれまでも
使われていたのは知りませんでした。
黒鉛は炭素が結晶状態で並んだものなので発火した後もそれに協力する形になりそうです。


nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | - テクノロジー ブログトップ