So-net無料ブログ作成
検索選択

CPU殻割ツール [PCDIY]

CPUのオーバークロッカーにとってはヒートスプレッダ取り外しが有名ですが
これを助けてくれるツールが発売されています。

http://www.shop-siomi.com/shopdetail/000000000055/

CPU基板を固定して横から押すという形です。

板金会社が製作されているようですが最終チェック用に実際に取り外し実験をするのは
高額なCPUなどで怖かったでしょう。

これ以外にも回転させながら切り離すタイプの治具もあるようです。
http://ascii.jp/elem/000/001/487/1487287/



nice!(0)  コメント(0) 

M.2 SSDの機器 [PCDIY]

M.2 SSD を入れてUSB3接続できるケース(M.2 SSD ケース)が何社から発売されています。


さらにPCIバス接続するボードもあります。
http://blog.livedoor.jp/wisteriear/archives/1066823909.html#more

単体のM.2 SSDを4個装着しRAIDを構築できます。

マザーボードコンパクトに装着するM.2 SSDというコンセプトからは離れた使い方
されるようになっています。



nice!(0)  コメント(0) 

64層積層プロセスのメモリー [PCDIY]

東芝から64層積層プロセスを用いた3次元フラッシュメモリサンプル出荷されるようで
これまでの48層でも驚きなのに64層とは気が遠くなる数字です。

https://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_07/pr_j2701.htm

これにより現実的に実装できる容量が増えるので30Tbyteというとてつもない容量の
SSDが発売されるようです。

https://www.jiji.com/jc/article?k=20170808005621&g=bw



nice!(0)  コメント(0) 

PCケースも出尽くした [PCDIY]

そろそろPCの自作をするタイミングだと考えるようになったのでPCケースを改めてチェックして
みました。

しかし、これといって良さそうなそしてヒットしたPCケースはここ2年ぐらい無いようです。
元々組み合わせに無理があるのでそれほど爆発的なヒットを出すPCケースのデザインも難しい
からでしょう。

見た目が小さくても横幅が広くて体積の大きなものが静音対策、放熱対策には有利なのですが
そういったタイプも新規のものとしてはなさそうです。
「CORSAIR Air 540」が最後なのかもしれません。

https://www.links.co.jp/item/air-540/



nice!(0)  コメント(0) 

SSD対応マウンタ3 [PCDIY]

3.5インチベイ用SSDアダプターを探していたらこちらのSilverStone製のアダプターSST-SDP08を
見つけました。

色違いのSST-SDP08Bもありますが、こちらを入手しました。

以前に紹介した同社のSST-FP36B-Eと金属部分はほぼ一緒の板金処理のようです。

アクセサリーは入手できるときに注文しておかないと製造中止や入手不可になるといけないので
検索して色々取り揃えています。

タグ:パソコン
nice!(0)  コメント(0) 

SSD対応マウンタ2 [PCDIY]

3.5インチベイに装着するUSBユニットは通常は囲まれた四角形ですがこちらの機種はそうではなく
2.5インチのSSDドライブなどを装着可能です。
これであればコンパクトデバイスを装着できます。

IMGP0808.jpg

これまでこのユニットの購入はSilver Stoneのロゴが印刷されているので躊躇していたのですが
HDDからSSDへ切り替える予定のPCケースがSilver Stone製なので違和感がないと判断しました。

それを5インチベイ変換アダプタに装着したらこういった画像となりました。
SSDなどを2台装着するには黒いケーブルを上手くかわさないといけないでしょう。
ここでは1本ずつ別のルートに回してありますが、これでは実際にデバイスを装着してみないと
何ともいえないでしょう。

IMGP0810.JPG

マイクロATXケースを使用しているのでこういったスペースを確保するデバイスを探すのは
必須です。
こういったグッズを探すのが趣味でもあるので特に億劫ではありません。


nice!(0)  コメント(0) 

SSD対応マウンタ [PCDIY]

コンパクトマイクロATXのケースの場合は例え小さなSSDであろうとも取り付け場所に困る場合が
あります。
その場合はこちらのリアスロットに装着するタイプが便利です。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B018790IZ2/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1

基板タイプで実際にバスに挿入するタイプも購入したことがありますがX1のバスがない場合も
あります。
これであればその心配もなく2つのピースに分解できるので別の場所に板金加工することで
装着することも可能です。
どちらかというとこの手法が試したくて購入しました。

隣のスロットとの間に余裕があればSSDの上に更に別のSSDを両面テープなどで取り付ける方法も
あります。


nice!(0)  コメント(0) 

パソコンショップの変遷 [PCDIY]

パソコンの自作は25年ぐらいしていますがその間に色々なパソコンショップで部品を購入して
自分なりのパソコンを作ってきました。

その中でお世話になったのが「TWOTOP」ですが「Faith」と共に「パソコン工房」へ吸収されてしまい
ました。

「フロンティア神代」は同じ山口県だったので地元のショップに15年以上前にいったのが
今は懐かしいです。
こちらはヤマダ電機に吸収されて暫くしてブランド名は消滅したようです。

「ツクモ」は倒産後にヤマダ電機の支援を受けているようですが秋葉原以外の店舗は規模縮小しての
運用のようです。

「PCデポ」は関東圏(または東日本)が多いようで西日本では岡山福岡などで山口県にはありません。
「ドスパラ」も福岡や広島でないと店舗ないので現在は「パソコン工房」だけが頼りです。

パソコン雑誌も以前に比べて極端に少なくなって記事もスマホ関連の場合もあるので自作で記事を
充実することが難しくなってきた時代なのでしょう。



nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ21 [PCDIY]

前の記事で作成したモニタースタンドおよび以前にハの字にしたものも同じ形に修正し
ディスプレイに装着しました。
付属のものに比べて底面に空いている部分が出てくるので電卓時計を置いたりしています。

IMGP0789.jpg

後ろ側からの画像はこちらです。
ACケーブルHDMIケーブルは問題なく挿せますが他のものでNGな場合がありますが
事前に考慮して処理していたので特に問題はありませんでした。

IMGP0791.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ20 [PCDIY]

このシリーズの記事もそろそろ終わりとなりそうです。
モニタースタンドを別のイレクター部品で作成してみました。

前面より
IMGP0777.JPG


後面より
IMGP0784.JPG

底面はパイ型になっていて、見えづらい後ろが30cmと長めにして左右の揺れを吸収しやすく
してあります。
それに比べて前側はあまりでないようにしてあります。
わかりにくいのですが、上から見ると鳥居の形になっていることになります。
これであれば縦にディスプレイを配置したとしても隣とぶつかることはないでしょう。

前に作成したのも底面部分はこの方法に改造する予定です。
モニタースタンドの自作はこれで終わりにしました。

nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ19 [PCDIY]

マルチディスプレイ18の記事で紹介したモニタースタンド
マルチディスプレイのその後4写真ではわかりにくいので別途撮影しました。
それがこちらです。
実際に使ってみるとさほど違和感のない佇まいです。

IMGP0781.JPG



nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイのその後4 [PCDIY]

ディスプレイスタンドスピーカーの位置を調整したのでその結果を写真で示します。
パイプで作成したディスプレイスタンド(マルチディスプレイ18の記事)もL型から
八の字に変更して一番左に配置しました。
(フラッシュの加減で暗いので見辛いです。)

横置きなので高さは450mmではなくて300mmのイレクターパイプに交換しました。

IMGP0773_2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ18 [PCDIY]

イレクターでディスプレイスタンドが製作できるのではないかとトライしてみました。
(但し、JB-701だけはヤザキではなく、スペーシアシリーズです。)

JB-701の取り付け穴は100mm間隔になるように寸法を調整してあります。
詳しいことはこちらの記事を参考にしてください。

IMGP0763_3.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ17 [PCDIY]

スピーカーを高い位置に置きたい場合や床に置きたいがあります。
その時に前出のLCDモニタースタンドは鉄製で重量があるので応用が利きそうだと
感じました。

Type_Aの場合はこちらの変換金具でイレクターの28mmに再変換して対応した方が
楽かもしれません。

6410_SP2.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ16 [PCDIY]

サンコー社製 LCDモニタースタンド「MARMGUS6410B」での支柱延長についての記事を書き
ましたが他にも手法がありました。

矢崎社製のイレクターパイプスタンド「EL-1206SA S」を利用する方法です。
「MARMGUS6410B」の支柱は測定すると42mmのようでノギスで内径の42.6mmに設定しても
問題のないクリアランスがあります。

元々「MARMGUS6410B」は支柱は組み立て式で分離できるのでそれをこの「EL-1206SA S」
に差し込んで固定すれば使用できそうです。

40mm押し込んで、上から30mmのところで5mmネジで固定したとすれば
120-40+4で84mmの延長となります。

色合いは本体がつや消しの黒でイレクター側がつやありの黒なので違いはあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ15 [PCDIY]

こちらモニタースタンドを購入したのですが可変範囲が5cm程度で元々の高さと
ほぼ一緒で残念でした。
暫く放置していたのですが案が浮かんだので改造を開始しました。

通常はB、Cのネジの位置で取り付けるのですがL型金具を2本利用してA、Bの位置で
取り付けるので通常の使い方よりVESAの取り付けピッチ分である10cmほど上の位置
に持っていくことが可能です。(高すぎる時は5cmの範囲で縮められます。)
Cの部分は皿ネジでL型金具とモニタースタンドを締めています。
使用したディスプレイではその部分は運よく凹んでいるので鍋ネジでも大丈夫でした。

赤い点線部分が新たなVESAの取り付け部分です。
Aの部分はL型金具とディスプレイモニターとの接続で
Bの部分は更にモニタースタンドとの3つで共締めということになります。

6410_NEW_.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ14 [PCDIY]

マルチディスプレイの場合はスピーカーパソコンとの接続の関係で裏での配線も増えます。
壁にデスクをぴったり取り付けるのはディスプレイ2x2の4台構成ぐらいまでではないで
しょうか。

弊社の場合は45cm程度は空けて通路にしています。
つまりパソコンの作業テーブルはアイランドキッチンのような状態になっています。
ディスプレイの後ろ側にも表から見えないように棚を設けてあるのでそこにHDMI切替器を
設置しています。

ディスプレイの設置台数が増えるとスピーカーの配線変更などもあるのでこの状態に満足
しています。
以前は堅牢な本棚のような場所にディスプレイを設置していましたがその時も同様に処理
していて使い勝手に問題が無かったので自作派には向いた手法でしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ13 [PCDIY]

タイトルからすると番外編になります。
単体のディスプレイにてディスプレイスタンドを作りたい場合があります。
マルチディスプレイ12の応用編として下記のような手法が考えられます。

イレクターパイプなので見栄えは良くないです。
テーブルにJB-701で固定することを想定しています。

LCD11_NEW_C.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ12 [PCDIY]

LCD1を金具などを利用すると安価にできそうですがパイプはJB-701などの価格を
合計するとCR-LA351とさほど差がなくなります。
LCD1の角度調整をすることも考慮するとこちらの案の方がいいのではないでしょうか。

LCD11_NEW_B.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

マルチディスプレイ11 [PCDIY]

これまでの経験を参考にしてイレクターパイプを使用した理想的なマルチディスプレイ
構成ようのフレームを図面にしてみました。

メタルジョイントはヤザキ製とスペーシア製を混在使用し作図しています。
弊社の自作はほぼ完了していて新たに製作をしていないのであくまでも想像図です。
自分のパソコンの使用環境に合わせてアレンジしてください。

LCD11_NEW_A.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)