So-net無料ブログ作成
テキストエディタ ブログトップ
前の20件 | -

アマゾンでの秀丸 [テキストエディタ]

30年近くに渡って秀丸エディタを使用しているので新しいバージョンは気になっていても
新たに購入することは考えていないのでアマゾンで購入できることはしりませんでした。
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0055QZ0L8/insomniacrabb-22/ref=nosim/

単品ではなくて印刷機能やファイラーなどが備わったライセンスパックになっています。
初めて購入される方はこちらの方がいいでしょう。

他にもエディタは使用していますが一番使用頻度が高いのは秀丸エディタです。


nice!(1)  コメント(2) 

一太郎によるテキスト編集 [テキストエディタ]

一太郎は見栄えのいい書類を作成する時にしか利用していないのですが
知り合いはネットリストの置換などにテキスト編集のソフトウェアとして
使用しているようです。

秀丸エディタで十分なのでそれには気が付きませんでした。
調べたら正規表現も使えるようでその中のこちらのプルダウンメニューは
正規表現を覚えるには丁度いい記述でした。

あくまでも正規表現に興味がある方のみの情報ではあります。

Just_Ichi_Txt.png
nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタのマクロ [テキストエディタ]

「マクロ言語」で検索すると下記のような結果でした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AD%E8%A8%80%E8%AA%9E

秀丸エディタのマクロ言語はC言語に似た文法という記述になっていますが
部分的には「Perl」にも似ているように感じます。

丁度「Perl」関連の本を読んでいたせいもあるかもしれませんが似ていると
思います。


nice!(0)  コメント(0) 

ネットリストの重複行削除4 [テキストエディタ]

秀丸エディタでの重複行削除の続きです。

末尾から]を探してそこから接続情報本体をチェック開始します。
ネット名と接続情報が偶然に同じ場合を検討しました。
その場合は、そのネット名の上の行が左括弧(
なのでそれを上手く利用しています。
それをチェックした後でまたカーソルを戻す必要があります。
これがup 2 や down 2 です。

秀丸エディタはカーソルをアップダウン、左右に移動するコマンドがあるので
慣れれば面白い機能と感じるでしょう。


以下がそのマクロです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ノード編集のヒント2 [テキストエディタ]

Altium、Protel、Tangoフォーマットでノードを置換する話の続きです。

秀丸エディタでの置換処理方法の説明です。

D1-1 や D12-1 などを探し「-A」に置換したい場合は下記のようになります。
下段の「\1」は上段の()内の前側の括弧内の文字列のことを省略して表現しています。
なのでこんな簡単な文字列で置換後もD*という部分がそのまま継承されます。
$は末尾のことです。
わかりやすいように画像で色分けしてみました。
2ピンのものだけが対象なので3ピンが混在している場合はNGです。

Hide_D_AK.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ノード編集のヒント [テキストエディタ]

Altium、Protel、Tangoフォーマットでは行数は長くなりますがすぐに改行されるような
記述となっています。

秀丸エディタでこれを活かしてノードを変換する時に検索をするには次の手順を取ると
いいでしょう。
ダイオードDを例としています。

^D[0-9]*-.*\n

^D は先頭がDという意味です。

[0-9] はその次は数字という意味でさらに
* でそれが0個以上続くパターンという意味で続けると
[0-9]* となります。

- はノードの前に登場するハイフンのことです。
.* はハイフンの後に何らかの文字.がそれが0個以上続くパターンという意味です。
\n は改行の意味で、この部分を続けると
-.*\n となります。

これらを続けて冒頭の正規表現の文字列となります。



nice!(0)  コメント(0) 

ネットリストの全角文字 [テキストエディタ]

たまにネットリスト内の文字が全角だったり、「水魚堂」から生成したもので文字化けしている
ものがあります。

これまでは目視でチェックしコメント欄なので無視していました。
秀丸エディタでは正規表現での検索で[^ -~] とすればその結果をハイライトすることが
できます。
これをマクロ登録して使っています。


nice!(0)  コメント(0) 

ネットリストの重複行削除2 [テキストエディタ]

秀丸エディタで重複行を削除するマクロに挑戦してみました。
一応は処理できるのですが、ネットリストが特殊な場合はNGです。

例えば、()で囲まれた接続情報において、ネット名とその次のノード名が偶然にも
同じ場合は重複削除の対象となります。
ノード名はハイフンが含まれているので可能性としては低いのですが
プログラムの仕上がり具合としてはまだ途中です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ネットリストの重複行削除 [テキストエディタ]

秀丸エディタのマクロを探していたら下記のマクロを見つけました。

http://htom.in.coocan.jp/hmfaq8/HMM0076A.html

前の行と同じ内容であれば削除するというものです。
ここからはネットリストの形式はプロテル、TANGO形式に限定した話です。
「Altium Designer」から出力されるネットリストであれば重複している部分は連続している
のでこれで対応できます。

しかし、部品情報を宣言する部分ではプロテル、TANGO形式では空白行が3行連続しますが
この部分が削除されてしまい1行になります。

秀丸エディタのマクロは書籍を読んでも情報やサンプルが少ないのでまだその部分には
対処できていません。


nice!(0)  コメント(0) 

折りたたみ機能 [テキストエディタ]

プログラムのコードが折りたためるのはIDEではありがたいことです。
以前から時々使用している「Notepad++」はコードを折りたためるのは
知っていましたが「TeraPad」ではその機能がありません。

また肝心な「秀丸」での具体的な機能は知りませんでしたが行数の左側(左上)にある
こちらの >>
で切り替えられるのを今頃になって知りました。

ただ、この「-」や「+」の文字が小さいのでわかりにくいです。

折りたたみの場所は「秀丸」よりは「Notepad++」の方がAltiumの開発環境のそれに
近いようです。
「Notepad++」のバージョンはv5.8なのでバージョンアップもしないといけないのかも
しれません。

nice!(0)  コメント(0) 

「EmEditor」のCSV編集 [テキストエディタ]

こちらの記事によればエムソフト社の「EmEditor Professional」v15でCSVデータの編集ツールとして
利用できるようです。
http://forest.watch.impress.co.jp/docs/special/699135.html

「Altium Designer」ではCSVを利用することが多いのでEXCEL以外の選択肢に成り得ます。
しかし、フリーソフトという訳ではありません。

できれば他のテキストエディタでもこの機能を搭載してくれるとありたがいです。
EXCELは所有していますがピックアンドプレース以外はVBA作成のためだけに利用しているので
筆者はEXCELの通常の使い方は殆どしたことがありません。



nice!(0)  コメント(0) 

テキスト比較「DF」 [テキストエディタ]

回路図修正前後のネットリストを比較する場合はテキスト比較をするソフトウェアを利用する
場合があります。

こちらのテキスト比較ツール「DF」であれば
http://forest.watch.impress.co.jp/article/2007/04/24/dfsupt.html

インストールなしで直接DF.exeを実行すれば動作します。
黄色と水色で分類し、存在しない片側は灰色で表示してくれます。


nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタマクロ2 [テキストエディタ]

以前にもふれた先頭がハイフンのネット名の変換の話の続きです。

「ネット名変換マクロ」
秀丸エディタの正規表現での変換だけでは問題のない-5Vなども_5Vに変換されてしまいます。
2文字目がアルファベットの時にだけハイフンをアンダーバーに変換する秀丸マクロを作成しました。

マクロのスクリプトの中にアルファベットの正規表現[a-zA-Z]を用いたのですが、何故かIf文の
中では動作しなかったので手法を変えてあります。

以下マクロですが、冗長気味な記述の仕方なのでアレンジしてください。
他にもっと簡単にできそうですが最初の記述なのでご容赦ください。

net_cng_minus.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタ、変換モジュール [テキストエディタ]

ちょっとした変換の場合に一からマクロをプログラミングするのは大変だと思っていました。
すると、「変換モジュール」というものが用意されているのを知りました。

これを利用すれば大文字小文字変換や半角全角変換が簡単に行えそうです。
PDFで貰った部品表からネットリストを作成する場合も全角文字が厄介でしたがこれなら
簡単に対応できそうです。

プログラミング時にも全角の;などが入り込んでエラーとなる場合もあるのでこれで回避できます。
また、ソート機能もありがたいです。


nice!(0)  コメント(0) 

ノード名の秀丸エディタでの検索と修正 [テキストエディタ]

ダイオードやコンデンサなどは自社のフットプリントのノード名と顧客のネットリストのノート名が
異なる場合があります。

弊社ではそれに合わせたフットプリントを作ることはなくネットリストのノード名を修正しています。
(というのもフットプリント名と3D部品の部品名がリンクしているので新たにフットプリントを作成
すると、3D部品も別名保存するなどの作業で追加管理する必要があるからです。)

以下、その手順です。

1.秀丸エディタで正規表現にチェックをいれます。

2.検索したい名前を入力しますがここでジャンルとノードを記載します。
 .は前後の区切りです。

 RA〇で -5 の場合は RA.*-5 とします。
 (RA*では、*のすぐ左のAが0個以上と解釈されるのでR〇もヒットしてしまいます。)

 ダイオードの-2のノードの場合は
 D.*-2
 などと入力します。


おまけ
複数の条件で検索する場合
ABとCDとEFの3つのキーワードが同時に含まれる文字列を探す場合は下記のように記述します。

^(?=.*AB)(?=.*CD)(?=.*EF).*$

アンド検索なので下記のようにキーワードの順序は変えても問題ありません。
^(?=.*AB)(?=.*EF)(?=.*CD).*$

node_change_hide.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタのgrep利用 [テキストエディタ]

ネットリストの編集などで検索する場合に、そのテキストを直接編集する場合もありますが
どこを編集すればいいのか、消し込み用の資料を作りたい場合はgrepが便利です。

この例ではネットリスト名でマイナスで始まっているものを探します。

検索 > grepの実行 で処理します。
この例の場合は検索するのに正規表現をチェックし ^(-) を入力します。
先頭がマイナスという意味です。

結果はファイル名と行数、該当した文字列が新規暫定ファイルとして生成されます。

Hide_Grep.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタマクロ1 [テキストエディタ]

Windowsでファイル名をつける場合に使ってはいけない文字があります。
基板設計CADではSCH、PCB共にライブラリーという塊で管理しているので
これらの使えない文字も使えてしまいます。

ネットリストなどでこういった文字が使えてしまうと基板設計では大丈夫でも
STEPファイルやIDFや3DCADの場面で単独で同名の名前で管理するのでNGです。
そこで秀丸エディタのマクロで置換できるようにマクロにしてみました。
単純なマクロですが、忙しい設計中には役に立つでしょう。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

秀丸エディタのマクロの積極的な利用2 [テキストエディタ]

現状では他の方が作成されたマクロを修正して利用を開始したところです。
スクリプトなのでプログラミングが初めての方には最初にトライするジャンルとして
お勧めできます。
いきなりDelphiスクリプトをプログラミングするよりは楽です。

秀丸マクロの書籍を読んでいるとショートカットキー付のポップアップメニューも作成
できるようで頼もしいです。

利用し易いキーにネットリストなどの簡単な処理を割付けるために勉強中です。


nice!(0)  コメント(0) 

正規表現で置換 [テキストエディタ]

正規表現は基板設計に直接関係はないのですがテキストエディタで置換などをする場合は
知っていた方が有利です。

こちらの「正規表現ポケットリファレンス」を購入して読んでいます。
正規表現自体がインターネットで調べることが多く、書籍にしてもさほど書く内容がないのでは
ないかと思っていました。
案の定、プログラミングソフトウェア別に記載していたので重複するような内容が続いていました。
プログラムを修正したりする時には再度、インターネットで探す手間がなくて良さそうです。


nice!(0)  コメント(0) 

先頭のハイフンのチェックと置換 [テキストエディタ]

EXCELでネットリストなどのチェックをしようとすると先頭に-の文字があると厄介な場合があります。
-5VはOKですが-Busyなどは-の後がアルファベットなので四則演算ではないと解釈されてセルが
NGになる場合があります。
後処理をすればいいのですが、ファイルの自動読み込み工程でもマクロ処理をしているとそういう訳
にもいきません。

秀丸エディタでは正規表現での検索ができるのでそれでチェックや置換が可能です。
先頭の文字は正規表現では^なので^(-)で先頭が-の文字列となります。
(勿論、ネットリストの途中の-は該当しないので無視されます。)
これを検索したり、別の文字に置換すればOKです。

hide_hy_change.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | - テキストエディタ ブログトップ