So-net無料ブログ作成

スイカの定植 [園芸]

購入したスイカのポット苗をすぐに植えると暑さ寒さで駄目になることが多いので
暫く大きくしてから畑に植えました。

スイカに関しては小玉スイカしか栽培したことがないので大玉スイカは初めてです。
小玉スイカの方が水の管理が難しいのでおかしな梅雨の天気でなければ大丈夫でしょう。

これまではプランターで細かく水遣りを管理していましたが、今回は地植えなので
簡単ですが、その代わりに天候に左右されます。
それ対応する為に高畝になるように大幅に畑を改造しました。

スイカが安定して栽培できない様だとメロン栽培は無理です。
園芸店でメロンを失敗したからスイカにするとかプリンスメロンにするとか
簡単な品種に逃げる傾向があるようですがそれではいつまで経っても進歩しないでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

重い普通の培養土にするには [園芸]

野菜の培養土は運送のし易さや鉢植えした後の持ち運びを考慮してなのか軽量化が
進んでいます。

しかし、栽培期間が長い場合は目減りが激しくなります。
また、ある程度は根を張るのに抵抗がないと味の少ない野菜になってしまいます。

その場合は野菜の培養土1袋に対して、赤玉土2、腐葉土1を足せばいいでしょう。
肥料も無機質分が増えたのを考慮して追加します。
赤玉土の灰汁抜きもお忘れなく。

できれば日向土1(細粒0.5、小粒0.5)を追加すれば、よりさらさらで目減りしなくなります。
バーク堆肥も追加すると僅かな肥料が長期間に渡って効果がでますし、善玉菌の棲み家に
なります。


nice!(0)  コメント(0)