So-net無料ブログ作成

縦置きディスプレイのSP [PCDIY]

ディスプレイを縦置きした場合に例え内蔵スピーカーの性能が良くても
左右のスピーカーは上下配置となるので使用するのは現実的ではありません。

全体の向きを移動して使用する場合も考慮すると薄型でコンパクトなものがベストです。

こちらの「SP-T12W」か「Z200BK」ぐらいです。
前者の左側だけをディスプレイの脇に配置してみました。
コーンの部分が少し見えるのがいいのか逆に悪いのか微妙です。

DSC00637.JPG

パイプ部分に別の塩ビパーツを利用して接着(図の赤い部分)することも可能ですが
HDMIコネクタなどの引き回しも考えるとあまり上部には置けません。
作業テーブルに単純に置くのがベストでしょうが、その場合は全体的に移動するには
個別の移動になります。

LCD_RT_SP.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

縦置きディスプレイ Part.3 [PCDIY]

縦置きディスプレイを単体で使用してみると意外と不便でした。
ブラウザでは下側はバーで対応しますが右側が見えるように左右のバーが出ない場合も
あって操作が面倒です。

動画再生も横が規定されているので大きくできないし、AltiumなどのCADでは左下が原点なので
ズームインするまではそちらを基準にされてマウスでのパーンができなかったりします。

単独ではなくPCからデュアルヘッド以上でつまり、マルチディスプレイとして左右に縦配置
するのが良さそうです。
今回の縦置きディスプレイも別のPCにて、そういう配置に変更しました。

ディスプレイの左右の向きは今回は固定でした。
テーブルの上で全体を移動することで向きは変えられますが面倒だし、何度も移動すると
テーブルの天板が傷つきます。

下記の図面のようにすれば対処できますが1本の支柱なので、図では省略していますが
後からつっぱりのようにして三角形の構造にした方がいいでしょう。
支点となるイレクターの樹脂の部品は固定しないので抜けるという危険性はあります。

LCD_RT.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

ラジオゾンデの小型化 [テクノロジー]

以前にどこかの科学番組でラジオゾンデについてやっていて
小型化して気象関連の人工衛星を自前で持てない国ではこれが役に立っている
と聞いたことがあります。
一例はこちらです。
こちらが明星電気の製品のラインナップです。

小型化というのも重要らしく、バルーンに入れる気体も海外では高額となるので
なるべく少ない量で済むように小型化を希望されています。
画像検索するとこちらのようになります。

外部に出ているのが各種センサーだった筈です。
リアルタイムでデータ送信しているようですが上空の温度が低下している場所で
バッテリーを含めて電気回路が上手く動作しているのがすごい技術です。


nice!(0)  コメント(0)