So-net無料ブログ作成
2018年01月| 2018年02月 |- ブログトップ
前の20件 | -

電子部品メーカーの業績 [ETC]

京セラ、村田製作所、TDK、アルプス電気などの電子部品メーカーの業績についての
記事を見つけました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180204-00010006-newswitch-ind

スマートフォンやアップルの「iPhone」だけに依存しているメーカーかそれだけに
依存しないメーカーかで業績が分かれています。

現在ではチップLCRを使わないデバイスは無いといってもいいぐらいなのでどこも
業績はいいと思っていたので意外な結果でした。

電池関連はこれからも有望ですがシェアーとエネルギー密度との関係もあるので
どれだけ研究開発するか、ブレークスルーとなる技術を見つけ出せるかも問題です。


nice!(0)  コメント(0) 

STEPファイル出力されたファイルのエラー [ALTIUM DESIGNER]

「Altium Designer」から出力されたSTEPファイルを出力し、それをソリッドワークスで
読み込みますが、これまでに何度か読み込みエラーが発生しました。

通常は緑色となる基板部分が透明になって何とか表示されていますが、ソリッドワークスからは
読み込みエラーのメッセージが表示されます。

もう一つは基板の外形が全く違っていて尚且つ、読み込みエラーのメッセージが表示されます。

どちらも基板の外形に大きめの円弧がありました。
「Altium Designer」は円弧の部分は拡大するとギザギザのまま管理されているのでそれが
エラーを招く原因ではないかと思っています。

どれもSUMMER09で出力したものですが同じPCBDOCファイルをAD16で出力し直したら問題は
起きませんでした。
この間のどれかのバージョンでその部分が改善されたのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0) 

ビデオカードが品薄 [PCDIY]

自作したPCにてそろそろオンボードのビデオカードではなくて拡張スロット用の
ビデオカードの利用も考えていました。

しかし、候補としていたELSAやMSI製のビデオカードのどれもが在庫なしという不思議な
現象がありました。
HDDから装換したSSDもやや入手が難しい状態でした。

調べてみると、仮想コインによるマイニング人気の影響があるようです。

https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/wakiba/find/1101949.html

マイニングにはビデオカードのGPGPUの性能が影響するので品薄になるのは当然ですが
ミドルの1060辺りまで影響しているようです。
高性能PCにはビデオカードの複数挿しすることが多いので在庫数への影響が当然ながら
出てきます。

メモリーが高値安定しているのも理解できます。


nice!(0)  コメント(0) 

Google翻訳とChrome [パソコン]

パソコンでの翻訳サイトはこれまで英語や韓国語(韓国ドラマの検索用として)の翻訳サイトを
いくつか試してきました。

英語の翻訳結果の品質としてはどのサイトはそれほどでもありませんでした。
しかし、Google翻訳はかなりの品質で違和感を感じません。

同じGoogle社の閲覧ソフトの「Chrome」であれば日本語以外のサイトではブラウザの右上に
翻訳をするかどうか問われ実行できます。
更に深いリンクでもそのまま翻訳されながら閲覧を進められます。

これまではインターネットブラウザとしては「Firefox」を使用していたので
「Chrome」と併用しています。


nice!(1)  コメント(0) 

ディスプレイスタンドの微調整アダプタ [パソコン]

インターネット検索で偶然に見つけたのがこちらです。
ディスプレイスタンドに装着して通常は高さ調整できないものや更に高くしたい場合などに
このアダプタが使用できます。

この構造からすると価格が高いのがネックではあります。
他に選択肢がない場合に利用するのがいいでしょう。

そのアダプタでディスプレイの出力コネクタなどの前にきてしまう機種も存在するので
気をつけないといけないといけないでしょう。


nice!(0)  コメント(0) 

外部スピーカー [パソコン]

こちらのような安価なスピーカーは購入したことが無かったので試しに購入してみました。

サイズはだるまのようで握りこぶしより少しだけ大きいサイズです。
コーンのサイズはクリエーティブのT12と似たようなサイズですが音は茶碗の中で音が鳴っている
ような感じでした。
電源はUSBですが、PCから電源供給ではなくてAC100からUSB電源を作れるアダプタで利用しています。

薄いプラスチックケース内で反響しているような音でした。
音の悪いノートパソコンの外付けぐらいの用途なら我慢はできるでしょうが液晶ディスプレイの
外部スピーカーとしては合格ラインからぎりぎりアウトという感じです。
T12よりこちらの上級のGW-T20の方が音がいいし価格も逆転して安くなっています。

入力切替器で対応する場合もあるのですが電源スイッチも考慮するとディスプレイが増えると
これも難しくなります。


nice!(0)  コメント(0) 

縦置きディスプレイのサイズ [PCDIY]

ビデオカードからはデュアルヘッドではなく縦置き単体で使用する場合を考慮すると
贅沢ではありますが4Kモニターの方が通常アプリを使用するには有利でしょう。
現状では価格的にはこちらの27インチなどが良さそうです。

このサイズであれば横幅は380mm弱で2160ドットなのでこれまでの横置きの1920ドットより
表示ドットとしては少しだけ広い画面を確保できます。

筆者は横置きで8画面構成をしているので当分は横置きのディスプレイは配置する場所が
作業テーブル付近にはないので単体で縦置きすることをどうしても考えてしまいます。

暫定使用している24インチの縦置きディスプレイのスタンドに何も修正を加えなくても
27インチが装着できることは寸法的には確認しました。
横幅も少しだけ広がるので前出の記事で検討したスピーカーの配置にも困らないでしょう。

LCD_RT_24_27.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

IPC-2581が安心だけど [CAM]

ガーバーデータ関連で再利用を考えると「IPC-2581」が方言がなさそうで安心して
使用できそうです。

IPCは電子機器関連の標準化を目的とする事業者団体なのでそうなのでしょう。

ODB++はイスラエルのvalor社が開発しましたが現在は買収されてメンター社の扱いとなって
いるのでどうしてもライセンスの問題が発生します。
シェアを減らしたIEEE-1394と似たような流れになりそうです。

シュミレーションなどはODB++を使用するものもありますが、PCB側、シミュレーション
ソフトウェア側のどちらにも方言があるように感じます。
しかし、ガーバーエディタ以外で「IPC-2581」に対応したソフトウェアをお見掛けしたことが
ありません。


nice!(0)  コメント(0) 

AD18の起動時間 Part.3 [AD18]

新たに自作したD機の500Gb/HDDをクローンした同サイズのSSDに装換しました。
それで新たにAD18の起動時間を測定した結果がこちらです。

AD18_PC_Start3.png

Win7のSSDタイプ(A機)とほぼ同じ結果となりました。
このことからもOSのWin10はWin7と同じ程度の軽さでWin8.1だけが重いようです。
2回目以降の起動時間からは第4世代(B機)と第8世代(D機)の差はないといえそうです。

nice!(0)  コメント(0) 

ミニロケットの開発 [テクノロジー]

久々にTBS系の番組「THE 世界遺産」で済州島の特集を見ていたらスポンサーがソニーから
キャノンに代わっているのを知りました。
調べたら、交代したのは3年ぐらい前のようですが意外でした。
キヤノンも放送機器やカメラを製造しているのでこのような番組は重要なのでしょう。

先日、発射に成功したミニロケットの開発をしている会社の一つがキヤノン電子で
今後は「新世代小型ロケット開発企画」として
和歌山県東牟婁郡串本町に民間初のロケット発射場を建設する予定のようです。
http://www.sankei.com/life/news/180126/lif1801260047-n1.html

この場所はトルコと日本の友好の発祥地のであり、エルトゥールル号が座礁事故を起こした
場所です。


nice!(1)  コメント(0) 

moeco製造工程ムービー [テクノロジー]

PCB ART moecoについての話で
Moecoは携帯電話ケースのことです。
http://www.moeco.jp.net/

それを製造する工程の動画はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=6BE2AiSPwRE

地下鉄電車の路線図などにLEDを実装した製品です。
東京駅などがそのLEDでひかります。

基板製造の現場の知識が少ない初心者にはこの動画も参考になるでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

LEDワークライト [ETC]

こちらのエルパ製の乾電池式のLEDライトを購入しました。

実際には、ホームセンターでの購入なので価格は798円でアマゾンより大幅に安い価格です。
知ったのは購入の後からでした。

スキューバ用の防水のハロゲン電球使用のライト(懐中電灯)を所有していたのでさほど
困ってはいないのですが、パソコンの自作中にケース内を照らすのには何度も苦労して
いました。

これであれば、後と下の二箇所に磁石が付いているのでケース内に倒れずに吸着することが
できます。
ほぼ90度にえび反りするので磁石なしで配置しても安定しています。

明るさは豆電球やハロゲン電球とは全く違います。
LED製シーリングライトの光と全く同じ能力を手元で操れる感じです。
コンパクトで薄型なのはありがたいのですが単4電池x3なのは少しだけ残念です。

照明が当たりにくい場所で作業をするDIY好きの方にはお勧めです。


nice!(0)  コメント(0) 

Altium Designerの操作マニュアル [ALTIUM DESIGNER]

Summer09以降は購入した代理店によっては詳しい操作マニュアルがない場合が
あるようです。
また、バージョンアップされる前に新規機能が発表されますが、いざ使おうとすると
具体的な説明がない場合があります。

そこでAD10からAD17までのバージョンアップされた部分だけを説明するガイドブックを
作成しようと腰を上げました。

タイトルと説明すべき各項目だけでもう10ページになりました。
恐らく100ページを超えると思いますが1ヶ月程度を目安に作成しようと思っています。

AD18はメニューの色合いなどがこれまでと異なっていたり場所も違っているので
こちらは一から作成しないといけないでしょう。
AD18の操作マニュアルは前出のガイドブックを作成した後にトライします。


nice!(1)  コメント(0) 

「PCB Part Library」関連情報 [プリント基板設計]

RSコンポーネンツが提供しているこちらの「PCB Part Library」はEAGLEにも対応しています。

その動画がこちらです。
https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=rnFaoztTfNk

「PCB Part Library」のパソコンへのセットアップ方法の動画はこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=h3h8Uvk8fJU

「PCB Part Library」は「Altium Designer」にも対応しているので興味深いです。


nice!(1)  コメント(0) 

AD18システム要件 [AD18]

Altiumの下記のサイトにAD18を使用するパソコンの推奨スペックが記載されています。

http://wiki.altium.com/pages/viewpage.action?pageId=56033490

これによればメモリーは16Gb
SSDでビデオカードはGeForce GTX 1060
と記載されています。

画面解像度が2560x1440となっているのは使う側にとってはありがたいのですが
実現するのはハードルが高いでしょう。
これは単にフルHDのデュアルヘッドで対応した方がいいでしょう。

ここでは私と意見が一致していますがSpace Navigator社の3Dマウスに関しては
実際に使用したものとしては通常のマウスから手を離すことになるので不要でしょう。
3D画面の時だけの使用としても3DCADでも使い勝手がいいとはいえないので反対です。


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

SSDの製造工程 [パソコン]

SSDを使用することはあっても製造工程を見ることはまずないでしょう。
SSDは基板実装の工程が高密度なので参考になります。

https://www.youtube.com/watch?v=kPekGOVS8M0&feature=youtu.be

SSDは分解することがないのでその内部構造を見ることがなく
インターネットで画像検索した時に見るぐらいです。

たまに見かけるM2.SSDの外装とは違った部品の実装なので楽しいめます。


nice!(0)  コメント(0) 

規格の淘汰 [パソコン]

富士ゼロックスの書類管理ソフトウェアの「DocuWorks」も20年以上前から少しだけ
使ってはいますが結局普及しているとはいえません。

ラティス社の3Dデータ圧縮閲覧形式の「XVL」も3DPDFに比べるとシェアがあまりに少ない
ようです。

USBとIEEE1394に関しても一緒でビデオカメラの横にIEEE1394のコネクタはついていますが
多分、一度も使ったことがありません。

ベータとVHSのように性能がいい方が勝利するという訳でもないのか規格ですね。


nice!(0)  コメント(0) 

縦置きディスプレイ Part.4 [PCDIY]

廉価なBenQ製の「GL2460」での非対称な視野角の話しです。
横置きの場合はこのディスプレイの左右の視野角は対称でした。
このディスプレイに関しては以前の記事のようにピボットには対応していないので
縦置き用スタンドを自作して縦配置しました。
しかし、今度は左右の視野角が違っていて非対称です。

わかりやすいように横置きの状態で説明すると水平より上部側に目線を移動しても
問題ないのですが水平より下部側に目線を移動すると暗くなる傾向があります。
その差が縦置きにした時には左右の視野角の差となるようです。
(ディスプレイを90度、-90度のどちらに回転させるかで話が代わります。)

ピボットに対応していない廉価なディスプレイではこういうことも考慮して
ディスプレイの配置をしないといけないでしょう。
明るさを大幅に下げているせいもあるのでその辺りの調整で逃げれる場合もあるでしょう。
現状では真正面で作業しているので特に問題は出ていませんが、画像編集などでは
その差が気になるでしょう。


nice!(1)  コメント(0) 

次亜塩素酸による空間除菌脱臭機 [テクノロジー]

次亜塩素酸のスプレーなどを外出先から帰った時には全身に掛けて除菌することで
インフルエンザ予防としています。

次亜塩素酸を塩水から発生させるデバイス付きの空間除菌脱臭機がパナソニックから
発売されています。

http://panasonic.jp/ziaino/about.html

次亜塩素酸のスプレーは放置しておくと水になってしまうので在庫管理の面からなのか
市販品は意外と高額です。
次亜塩素酸自体が次という文字が付いているぐらいで不安定だからなのでしょう。
次亜塩素酸スプレー自体は沢山掛けると塩素の匂いがしますが塩素ほど不愉快ではありません。

電気分解でこれを安定的に発生させることができるのはありがたいことです。
消耗品の「塩タブレット」を購入してタンク内に供給するのだけが面倒です。


nice!(0)  コメント(0) 

BluePrintでの作図 [CAM]

これまでも「BluePrint」で製造用図面の作図に挑戦しましたが
「Altium Designer」から出力されたODB++では上手く動作しませんでした。
「CAM350」V12バージョンからの「BluePrint」では問題なく読み込めました。

以前はなかったように思うのですが下記のように使用していたCADに対応した
メニューで対処できます。

これからするとODB++には方言かバージョンがあるということを示しているのでは
ないでしょうか。
そういえばODB++からのシミュレーションで動作しないことがありました。

IPC-2581にも対応していますがこちらはそういう対応ではないので規格がはっきり
していそうです。

作図の内容としてはドラフトマンと似ています。
ウィザードでの自動処理も可能ですが修正が必要になります。

Blue_Print_V12_ODB.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
前の20件 | -
2018年01月|2018年02月 |- ブログトップ